なか

なか

趣味で小説を投稿しております。 1人でも読んでくださる方がいれば、それに勝る喜びはありません。 アイコンはみゆまる様に描いて頂きました。
20
恋愛 連載中 長編
 私は本日、貴方と離婚します。  愛するのは、終わりだ。    ◇◇◇  アーシアの夫––レジェスは王妃の護衛騎士の任についた途端、妻である彼女を冷遇する。  初めは優しくしてくれていた彼の変貌ぶりに、アーシアは戸惑いつつも、再び振り向いてもらうため献身的に尽くした。  しかし、玄関先に置かれていた見知らぬ本に、謎の日本語が書かれているのを見つける。  それを読んだ瞬間、前世の記憶を思い出し……彼女は知った。  この世界が、前世の記憶で読んだ小説であること。   レジェスとの結婚は、彼が愛する王妃と密通を交わすためのものであり……アーシアは王妃暗殺を目論んだ悪女というキャラで、このままでは断罪される宿命にあると。    全てを思い出したアーシアは覚悟を決める。  彼と離婚するため三年間の準備を整えて、断罪の未来から逃れてみせると……  この物語は、彼女の決意から三年が経ち。  離婚する日から始まっていく  戻ってこいと言われても、彼女に戻る気はなかった。  ◇◇◇  設定は甘めです。  読んでくださると嬉しいです。
24h.ポイント 217,199pt
小説 1 位 / 186,095件 恋愛 1 位 / 58,619件
文字数 98,082 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.28
恋愛 連載中 長編
「お飾りの王妃らしく、邪魔にならぬようにしておけ」  かつて、愛を誓い合ったこの国の王。アドルフ・グラナートから言われた言葉。   『お飾りの王妃』    彼に振り向いてもらうため、  政務の全てうけおっていた私––カーティアに付けられた烙印だ。  アドルフは側妃を寵愛しており、最早見向きもされなくなった私は使用人達にさえ冷遇された扱いを受けた。  そして二十五の歳。  病気を患ったが、医者にも診てもらえず看病もない。  苦しむ死の間際、私の死をアドルフが望んでいる事を知り、人生に絶望して孤独な死を迎えた。  しかし、私は二十二の歳に記憶を保ったまま戻った。  何故か手に入れた二度目の人生、もはやアドルフに尽くすつもりなどあるはずもない。  だから私は、後悔ない程に自由に生きていく。  もう二度と、誰かのために捧げる人生も……利用される人生もごめんだ。  自由に、好き勝手に……私は生きていきます。  戻ってこいと何度も言ってきますけど、戻る気はありませんから。
24h.ポイント 3,589pt
小説 396 位 / 186,095件 恋愛 221 位 / 58,619件
文字数 376,368 最終更新日 2024.02.12 登録日 2023.04.23
恋愛 完結 短編
「ごめん、待たせた」  ––––死んだと聞いていた彼が、私にそう告げる。  その日を境に、私の人生は変わった。  私を虐げていた人達が消えて……彼が新たな道を示してくれたから。    ◇◇◇  イベルトス伯爵家令嬢であるラシェルは、六歳の頃に光の魔力を持つ事が発覚した。  帝国の皇帝はいずれ彼女に皇族の子供を産ませるために、婚約者を決める。  相手は九つも歳の離れた皇子––クロヴィス。  彼はラシェルが家族に虐げられている事実を知り、匿うために傍に置く事を受け入れた。  だが彼自身も皇帝の御子でありながら、冷遇に近い扱いを受けていたのだ。    孤独同士の二人は、互いに支え合って月日を過ごす。  しかし、ラシェルが十歳の頃にクロヴィスは隣国との戦争を止めるため、皇子の立場でありながら戦へ向かう。    「必ず帰ってくる」と言っていたが。  それから五年……彼は帰ってこなかった。  クロヴィスが居ない五年の月日、ラシェルは虐げられていた。  待ち続け、耐えていた彼女の元に……死んだはずの彼が現れるまで––   ◇◇◇◇  4話からお話が好転していきます!  設定ゆるめです。  読んでくださると、嬉しいです。
24h.ポイント 3,443pt
小説 414 位 / 186,095件 恋愛 228 位 / 58,619件
文字数 64,249 最終更新日 2024.02.03 登録日 2024.01.14
恋愛 完結 短編
「セレリナ妃が、自死されました」  静寂をかき消す、衛兵の報告。  瞬間、周囲の視線がたった一人に注がれる。  コリウス王国の国王––レオン・コリウス。  彼は正妃セレリナの死を告げる報告に、ただ一言呟く。 「構わん」……と。  周囲から突き刺さるような睨みを受けても、彼は気にしない。  これは……彼が望んだ結末であるからだ。  しかし彼は知らない。  この日を境にセレリナが残したものを知り、後悔に苛まれていくことを。  王妃セレリナ。  彼女に消えて欲しかったのは……  いったい誰か?    ◇◇◇  序盤はシリアスです。  楽しんでいただけるとうれしいです。    
24h.ポイント 2,477pt
小説 551 位 / 186,095件 恋愛 299 位 / 58,619件
文字数 93,356 最終更新日 2023.11.26 登録日 2023.10.29
恋愛 完結 短編
「離婚するか、俺に一生を尽くすか選べ」  夫である、ベクスア公爵家当主のデミトロに問われた選択肢。  愛されなくなり、虐げられた妻となった私––レティシアは……二人目の妻であるアーリアの毒殺未遂の疑いで責められる。  誓ってそんな事はしていないのに、話さえ聞く気の無いデミトロ。   ずさんな証拠で嵌められたと気付きながらも、私は暴力を受けるしかなかった。  しかし額に傷付けられた最中に、私は前世……本郷美鈴としての記憶を思い出す。  今世で臆病だった私に、前世で勝気だった本郷美鈴との記憶が混ざった時。  もう恐れや怯えなど無くなっていた。  彼の恋情や未練も断ち切り、人生を奪った彼らへの怒りだけが私を動かす。  だから。 「では、さっさと離婚しましょうか」  と、答えた。  彼から離れ、私は生きて行く。  そして……私から全てを奪った彼らから。同じように全てを奪ってみせよう。   これがレティシアであり、本郷美鈴でもある私の新たな生き方。  だが、私が出て行ったメリウス公爵家やデミトロには実は多くの隠しごとがあったようで……    ◇◇◇    設定はゆるめです。  気軽に楽しんで頂けると嬉しいです。 今作は、私の作品。 「死んだ王妃は〜」に出てくる登場人物の過去のお話となります。 上記のお話を読んでいなくても問題ないよう書いていますので、安心して読んでくださると嬉しいです。
24h.ポイント 3,053pt
小説 466 位 / 186,095件 恋愛 256 位 / 58,619件
文字数 110,379 最終更新日 2023.10.27 登録日 2023.08.27
恋愛 完結 長編
「お姉様なんて死んでくれたっていいのに」 妹は特別だ 聖女であり、外では気立てもよくて貴族達からの人気も高い だがそれ故に家ではワガママ放題 私の物はその全てが妹に奪われた だって、私は表情も上手く変えられない能面の令嬢だから 気味悪がられ お父様にも妹にも空気のように扱われてきた私だけど 母の残してくれた薬学だけが救ってくれた 辛く、心が壊れそうな日々が続いたが とある理由で辺境伯様が伯爵家の屋敷へと訪れた 聖女の妹と私を見て彼が選んだのは
24h.ポイント 234pt
小説 5,520 位 / 186,095件 恋愛 2,521 位 / 58,619件
文字数 150,897 最終更新日 2023.06.28 登録日 2022.02.19
恋愛 完結 長編
『結婚』  人生の新たな門出の一つ。人はその言葉へ希望を抱く。  結婚式を迎えたエレツィアも同様に、心中に不安はあれど幸せへの期待は膨らんでいた。  貴族同士の政略結婚であったが、微笑を添えてエレツィアへと手を差し出す婚約者に自身の胸が心地よく鼓動するのを感じていたから。    彼の手をとり、夫となるジェレド・フローレンスとエレツィアは誓い合う。  お互いの幸せを約束すると。 「君を幸せにすると誓う」 「私も、貴方を幸せにすると誓います」  抱き合って、口付けを交わす二人の甘く惚けるような時間。  参列した親族達の賛美と祝福の声を聞きながら、エレツィアは幸せになれると……確信を抱いた。  しかし、式の翌日。  淡い希望は、残酷な現実を突きつけられる。  「すまない……エレツィア」  嘆きながら、夫のジェレドが抱いているのは。  彼と同じ深紅の瞳を携えた。名も無き赤子だった。
24h.ポイント 518pt
小説 2,425 位 / 186,095件 恋愛 1,224 位 / 58,619件
文字数 127,142 最終更新日 2023.05.26 登録日 2023.04.08
恋愛 完結 短編
学園に特待生として入学したリディアであったが、平民である彼女は貴族家の者には目障りだった。 追い出すようなイジメを受けていた彼女を救ってくれたのはグレアルフという伯爵家の青年。 優しく、明るいグレアルフは屈託のない笑顔でリディアと接する。 誰にも明かさずに会う内に恋仲となった二人であったが、 リディアは知ってしまう、グレアルフの本性を……。 全てを知り、死を考えた彼女であったが、 とある出会いにより自分の価値を知った時、再び立ち上がる事を選択する。 後悔の言葉など全て無視する決意と共に、生きていく。
24h.ポイント 894pt
小説 1,382 位 / 186,095件 恋愛 714 位 / 58,619件
文字数 60,060 最終更新日 2023.03.17 登録日 2023.02.25
恋愛 完結 長編
「この国に側妃など要らないのではないか?」 現王、ランドルフが呟いた言葉。 周囲の人間は内心に怒りを抱きつつ、聞き耳を立てる。 ランドルフは、彼のために人生を捧げて王妃となったクリスティーナ妃を側妃に変え。 別の女性を正妃として迎え入れた。 裏切りに近い行為は彼女の心を確かに傷付け、癒えてもいない内に廃妃にすると宣言したのだ。 あまりの横暴、人道を無視した非道な行い。 だが、彼を止める事は誰にも出来ず。 廃妃となった事実を知らされたクリスティーナは、涙で瞳を潤ませながら「分かりました」とだけ答えた。 王妃として教育を受けて、側妃にされ 廃妃となった彼女。 その半生をランドルフのために捧げ、彼のために献身した事実さえも軽んじられる。 実の両親さえ……彼女を慰めてくれずに『捨てられた女性に価値はない』と非難した。 それらの行為に……彼女の心が吹っ切れた。 屋敷を飛び出し、一人で生きていく事を選択した。 ただコソコソと身を隠すつまりはない。 私を軽んじて。 捨てた彼らに自身の価値を示すため。 捨てられたのは、どちらか……。 後悔するのはどちらかを示すために。
24h.ポイント 2,776pt
小説 509 位 / 186,095件 恋愛 278 位 / 58,619件
文字数 127,309 最終更新日 2022.12.18 登録日 2022.11.19
恋愛 完結 長編
「出て行ってくれリルレット。王宮に君が住む必要はなくなった」  その言葉と同時に私の五年間に及ぶ初恋は終わりを告げた。  アルフレッド殿下の妃候補として選ばれ、心の底から喜んでいた私はもういない。  髪を綺麗だと言ってくれた口からは、私を貶める言葉しか出てこない。  見惚れてしまう程の笑みは、もう見せてもくれない。  私………貴方に嫌われた理由が分からないよ。  初夜を私一人だけにしたあの日から、貴方はどうして変わってしまったの?  恋心は砕かれた私は死さえ考えたが、過去に見知らぬ男性から渡された本をきっかけに騎士を目指す。  しかし、正騎士団は女人禁制。  故に私は男性と性別を偽って生きていく事を決めたのに……。  晴れて騎士となった私を待っていたのは、全てを見抜いて笑う副団長であった。     身分を明かせない私は、全てを知っている彼と秘密の恋をする事になる。    そして、騎士として王宮内で起きた変死事件やアルフレッドの奇行に大きく関わり、やがて王宮に蔓延る謎と対峙する。  これは、私の初恋が終わり。  僕として新たな人生を歩みだした話。  
24h.ポイント 674pt
小説 1,864 位 / 186,095件 恋愛 939 位 / 58,619件
文字数 125,402 最終更新日 2022.10.30 登録日 2022.10.22
恋愛 完結 長編
「お前に食指が動くことはない、後はしみったれた余生でも過ごしてくれ」    そんな言葉を最後に婚約者のランドルフ・ファルムンド王子はデイジー・ルドウィンを捨ててしまう。  人生の全てをかけて愛してくれていた彼女をあっさりと。  正妃教育のため幼き頃より人生を捧げて生きていた彼女に味方はおらず、学園ではいじめられ、再び愛した男性にも「遊びだった」と同じように捨てられてしまう。  人生に楽しみも、生きる気力も失った彼女は自分の意志で…自死を選んだ。  再び意識を取り戻すと見知った光景と聞き覚えのある言葉の数々。  デイジーは確信をした、これは二度目の人生なのだと。  確信したと同時に再びあの酷い日々を過ごす事になる事に絶望した、そんなデイジーを変えたのは他でもなく、前世での彼女自身の願いであった。 ––次の人生は後悔もない、幸福な日々を––  他でもない、自分自身の願いを叶えるために彼女は二度目の人生を立ち上がる。  前のような弱気な生き方を捨てて、怒りに滾って奮い立つ彼女はこのくそったれな人生を生きていく事を決めた。  彼女に起きた心境の変化、それによって起こる小さな波紋はやがて波となり…この王国でさえ変える大きな波となる。  
24h.ポイント 1,370pt
小説 937 位 / 186,095件 恋愛 495 位 / 58,619件
文字数 199,627 最終更新日 2022.08.21 登録日 2022.07.08
恋愛 完結 短編
「子を産めないなんて思っていなかった        君を選んだ事が間違いだ」 子を産めない お医者様に診断され、嘆き泣いていた私に彼がかけた最初の言葉を今でも忘れない 私を「愛している」と言った口で 別れを告げた 私を抱きしめた両手で 突き放した彼を忘れるはずがない…… 1年の月日が経ち ローズベル子爵家の屋敷で過ごしていた私の元へとやって来た来客 私と離縁したベンジャミン公爵が訪れ、開口一番に言ったのは 謝罪の言葉でも、後悔の言葉でもなかった。 「君ともう一度、復縁をしたいと思っている…引き受けてくれるよね?」 そんな事を言われて……私は思う 貴方に返す返事はただ一つだと。
24h.ポイント 802pt
小説 1,551 位 / 186,095件 恋愛 799 位 / 58,619件
文字数 49,198 最終更新日 2022.04.29 登録日 2022.04.16
恋愛 完結 ショートショート
「ローザ!!お前との結婚は取り消しさせてもらう!!」 結婚式の前日に彼は大きな声でそう言った 「なぜでしょうか?ライアン様」 尋ねる私に彼は勝ち誇ったような笑みを浮かべ 私の妹マリアの名前を呼んだ 「ごめんなさいお姉様~」 「俺は真実の愛を見つけたのだ!」 真実の愛? 妹の大きな胸を見ながら言うあなたに説得力の欠片も 理性も感じられません 怒りで拳を握る 明日に控える結婚式がキャンセルとなればどれだけの方々に迷惑がかかるか けど息を吐いて冷静さを取り戻す 落ち着いて これでいい……ようやく終わるのだ 「本当によろしいのですね?」 私の問いかけに彼は頷く では離縁いたしまししょう 後悔しても遅いですよ? これは全てあなたが選んだ選択なのですから
24h.ポイント 568pt
小説 2,220 位 / 186,095件 恋愛 1,124 位 / 58,619件
文字数 11,329 最終更新日 2022.02.14 登録日 2022.02.12
児童書・童話 完結 ショートショート
私を作ってくれた 私らしくしてくれた あの優しい彼らを 忘れないためにこの作品を
24h.ポイント 213pt
小説 6,007 位 / 186,095件 児童書・童話 13 位 / 3,298件
文字数 5,525 最終更新日 2022.02.06 登録日 2022.02.05
恋愛 完結 短編
自分の事だけが大好きで 極度のナルシストの婚約者のレオナード様に告げた 「婚約破棄してください」と その結果お父様には伯爵家を勘当され 更には他貴族達にも私のあらぬ噂をレオナード様に広めまれた だけど、唯一 私に手を差し伸べてくれたのは 醜い豚公爵と陰で馬鹿にされていたウィリアム様だけだ 彼の元へと嫁ぐ事になり馬鹿にされたが みんなは知らないだけ 彼の魅力にね
24h.ポイント 362pt
小説 3,511 位 / 186,095件 恋愛 1,722 位 / 58,619件
文字数 44,132 最終更新日 2022.01.30 登録日 2022.01.22
恋愛 完結 ショートショート
子爵令嬢だった私に反対を押し切って 結婚しようと言ってくれた日も 一緒に過ごした日も私は忘れない 辛かった日々も………きっと……… あなたと過ごした2年間の四季をめぐりながら エド、会いに行くね 待っていて
24h.ポイント 383pt
小説 3,303 位 / 186,095件 恋愛 1,641 位 / 58,619件
文字数 14,203 最終更新日 2021.12.26 登録日 2021.12.25
恋愛 完結 短編
「俺は愛する人を見つけた、だからお前とは婚約破棄する!」 ソフィア・クラリスの婚約者である デイモンドが大勢の貴族達の前で宣言すると 周囲の雰囲気は大笑いに包まれた 彼を賞賛する声と共に 「みろ、お前の惨めな姿を馬鹿にされているぞ!!」 周囲の反応に喜んだデイモンドだったが 対するソフィアは彼に1つだけ忠告をした 「あなたはもう少し考えて人の話を聞くべきだと思います」 彼女の言葉の意味を 彼はその時は分からないままであった お気に入りして頂けると嬉しいです 何より読んでくださる事に感謝を!
24h.ポイント 603pt
小説 2,091 位 / 186,095件 恋愛 1,060 位 / 58,619件
文字数 32,882 最終更新日 2021.12.24 登録日 2021.12.17
恋愛 完結 短編
6年 6年もの間、婚約者の貴族に暴力を振るわれて軟禁されていた少女アリサ 生きるために魔法を覚えて 家事をこなしていたが暴力はやむこともなく 徐々にエスカレートしていく そんな中 彼女はこの6年間に失くしていた大切のものに気付き 屋敷を飛び出した ー婚約破棄しますー と残して 逃げた先、隣国の伯爵家に使用人として働くことになったのだが 彼女は気づけば伯爵家から溺愛され、愛されまくっていた!? 頼りになる先輩使用人 優しい旦那様 可愛いもの好きの奥様 中○病真っ只中の坊ちゃん そして自称天才魔法使いの友達など 逃げ出した先は決して不幸なんかじゃない 幸せになる一歩だった ざまぁは少し遅めになります! お気に入り、感想を頂けると凄く嬉しいです 本作は完結致しました 是非最後まで読んでいただけると 嬉しいです!
24h.ポイント 915pt
小説 1,359 位 / 186,095件 恋愛 701 位 / 58,619件
文字数 81,303 最終更新日 2021.12.05 登録日 2021.11.20
恋愛 完結 短編 R15
「お前が婚約者にふさわしいか、身体を確かめてやる」 婚約者であるライアン王子に言われた言葉に呆れて声も出ない レブル子爵家の令嬢 アビゲイル・レブル 権力をふりかざす王子に当然彼女は行為を断った そして告げられる婚約破棄 更には彼女のレブル家もタダでは済まないと脅す王子だったが アビゲイルは嬉々として出ていった ーこれで心おきなく殺せるー からだった 王子は間違えていた 彼女は、レブル家はただの貴族ではなかった 血の滴るナイフを見て笑う そんな彼女が初めて恋する相手とは
24h.ポイント 269pt
小説 4,858 位 / 186,095件 恋愛 2,264 位 / 58,619件
文字数 21,221 最終更新日 2021.11.16 登録日 2021.11.12
恋愛 完結 短編
「キズモノのお前とは婚約破棄する」 顔にできた顔の傷も治らぬうちに第二王子のアルベルト様にそう宣告される 大きな傷跡は残るだろう キズモノのとなった私はもう要らないようだ そして彼が持ち出した条件は婚約破棄しても身体を寄越せと下卑た笑いで告げるのだ そんな彼を殴りつけたのはとある人物だった このキズの謎を知ったとき アルベルト王子は永遠に後悔する事となる 永遠の後悔と 永遠の愛が生まれた日の物語
24h.ポイント 788pt
小説 1,590 位 / 186,095件 恋愛 816 位 / 58,619件
文字数 30,673 最終更新日 2021.11.12 登録日 2021.11.03
20