【完結】冷遇された私が皇后になれたわけ~もう貴方達には尽くしません~

「ごめん、待たせた」 

––––死んだと聞いていた彼が、私にそう告げる。
 その日を境に、私の人生は変わった。
 私を虐げていた人達が消えて……彼が新たな道を示してくれたから。


   ◇◇◇


 イベルトス伯爵家令嬢であるラシェルは、六歳の頃に光の魔力を持つ事が発覚した。
 帝国の皇帝はいずれ彼女に皇族の子供を産ませるために、婚約者を決める。

 相手は九つも歳の離れた皇子––クロヴィス。
 彼はラシェルが家族に虐げられている事実を知り、匿うために傍に置く事を受け入れた。
 だが彼自身も皇帝の御子でありながら、冷遇に近い扱いを受けていたのだ。
 
 孤独同士の二人は、互いに支え合って月日を過ごす。
 しかし、ラシェルが十歳の頃にクロヴィスは隣国との戦争を止めるため、皇子の立場でありながら戦へ向かう。
  
「必ず帰ってくる」と言っていたが。
 それから五年……彼は帰ってこなかった。



 クロヴィスが居ない五年の月日、ラシェルは虐げられていた。
 待ち続け、耐えていた彼女の元に……死んだはずの彼が現れるまで––


  ◇◇◇◇

 4話からお話が好転していきます!
 設定ゆるめです。

 読んでくださると、嬉しいです。
24h.ポイント 3,187pt
1,372
小説 428 位 / 183,614件 恋愛 209 位 / 55,977件