ましゅぺちーの

ましゅぺちーの

3
恋愛 連載中 長編
オルレリアン王国の公爵令嬢セシリアは、誰からも愛されていなかった。 母は幼い頃に亡くなり、父である公爵には無視され、王宮の使用人達には憐れみの眼差しを向けられる。 婚約者であった王太子と結婚するが夫となった王太子には冷遇されていた。 そんなある日、セシリアは王太子が寵愛する愛妾を害したと疑われてしまう。 どうせ処刑されるならと、セシリアは王宮のバルコニーから身を投げる。 死ぬ寸前のセシリアは思う。 「一度でいいから誰かに愛されたかった。」と。 目が覚めた時、セシリアは12歳の頃に時間が巻き戻っていた。 セシリアは決意する。 「自分の幸せは自分でつかみ取る!」 幸せになるために奔走するセシリア。 だがそれと同時に父である公爵の、婚約者である王太子の、王太子の愛妾であった男爵令嬢の、驚くべき真実が次々と明らかになっていく。
24hポイント 76,587pt
小説 21 位 / 143,834件 恋愛 19 位 / 44,887件
文字数 18,540 最終更新日 2022.06.28 登録日 2022.06.14
恋愛 連載中 短編
王妃カテリーナは数年前に現在の夫である国王と結婚した。 だが国王は初夜すらもカテリーナを放置し、それ以来いないものとして扱った。 そんなある日国王が一人の女を愛妾として王宮に召し上げた。 その女は類稀な美貌を持ち瞬く間に国王を虜にした。 だが聡明なカテリーナは勘付いていた。 その女が敵国から送られたスパイであることを。
24hポイント 4,177pt
小説 441 位 / 143,834件 恋愛 200 位 / 44,887件
文字数 4,532 最終更新日 2022.06.28 登録日 2022.06.21
恋愛 連載中 短編
王国の名門公爵家の出身であるエレンは幼い頃から婚約者候補である第一王子殿下に全てを捧げて生きてきた。 彼を数々の悪意から守り、彼の敵を排除した。それも全ては愛する彼のため。 しかし、王太子となった彼が最終的には選んだのはエレンではない平民の女だった。 悲しみに暮れたエレンだったが、家族や幼馴染の公爵令息に支えられて元気を取り戻していく。 その一方エレンを捨てた王太子は着々と破滅への道を進んでいた・・・
24hポイント 114,231pt
小説 9 位 / 143,834件 恋愛 9 位 / 44,887件
文字数 17,350 最終更新日 2022.06.28 登録日 2022.06.15
3