29 12
陸翠鈴(ルーツイリン)は年をごまかして、後宮の宮女となった。姉の仇を討つためだ。薬師なので薬草と毒の知識はある。だが翠鈴が後宮に潜りこんだことがばれては、仇が討てなくなる。翠鈴は目立たぬように司燈(しとう)の仕事をこなしていた。ある日、桃莉(タオリィ)公主に毒が盛られた。幼い公主を救うため、翠鈴は薬師として動く。力を貸してくれるのは、美貌の宦官である松光柳(ソンクアンリュウ)。翠鈴は苦しむ桃莉公主を助け、犯人を見つけ出す。※表紙はminatoさまのフリー素材をお借りしています。※中国の複数の王朝を参考にしているので、制度などはオリジナル設定となります。 ※第7回キャラ文芸大賞、後宮賞を受賞しました。ありがとうございます。
24h.ポイント 4,289pt
小説 381 位 / 184,947件 キャラ文芸 4 位 / 4,368件
文字数 239,936 最終更新日 2024.05.18 登録日 2023.12.29
恋愛 完結 短編
ユリアーナは夫である伯爵のブレフトから、完全に無視されていた。ブレフトの愛人であるメイドからの嫌がらせも、むしろメイドの肩を持つ始末だ。生来のセンスの良さから、ユリアーナには調度品や服の見立ての依頼がひっきりなしに来る。その収入すらも、ブレフトは奪おうとする。ユリアーナの上品さ、審美眼、それらが何よりも価値あるものだと愚かなブレフトは気づかない。伯爵家という檻に閉じ込められたユリアーナを救ったのは、幼なじみのレオンだった。ユリアーナに離婚を告げられたブレフトは、ようやく妻が素晴らしい女性であったと気づく。けれど、もう遅かった。
24h.ポイント 390pt
小説 3,174 位 / 184,947件 恋愛 1,515 位 / 56,212件
文字数 27,073 最終更新日 2023.12.03 登録日 2023.11.29
恋愛 完結 ショートショート
勝気な第一王女のモニカには、初恋の人がいた。公爵家のクラウスだ。七歳の時の思い出が、モニカの初恋となった。クラウスはモニカよりも十三歳上。当時二十歳のクラウスにとって、モニカは当然恋愛の対象ではない。大人になったモニカとクラウスの間に縁談が持ちあがる。その返事の為にクラウスが王宮を訪れる日。人生で初めての緊張にモニカは動揺する。※『わたしのことがお嫌いなら、離縁してください』に出てくる王女のその後のお話です。
24h.ポイント 85pt
小説 10,558 位 / 184,947件 恋愛 4,831 位 / 56,212件
文字数 10,038 最終更新日 2023.11.14 登録日 2023.11.14
伯爵夫人のフロレンシアは、ようやく夫から離縁してもらえた。夫のディマスは爵位を剥奪され、メイド達は解雇される。夫に愛されないフロレンシアを蔑み、虐待したメイドや侍女のその後。そしてフロレンシアを愛する騎士のエミリオの日常のお話です。
24h.ポイント 639pt
小説 1,953 位 / 184,947件 恋愛 927 位 / 56,212件
文字数 12,440 最終更新日 2023.11.11 登録日 2023.11.09
恋愛 完結 短編
伯爵夫人のフロレンシアは、夫からもメイドからも使用人以下の扱いを受けていた。どんなに離婚してほしいと夫に訴えても、認めてもらえない。夫は自分の愛人を屋敷に迎え、生まれてくる子供の世話すらもフロレンシアに押しつけようと画策する。地味で目立たないフロレンシアに、どんな価値があるか夫もメイドも知らずに。彼女を正しく理解しているのは騎士団の副団長エミリオと、王女のモニカだけだった。※番外編が別にあります。
24h.ポイント 752pt
小説 1,676 位 / 184,947件 恋愛 796 位 / 56,212件
文字数 14,094 最終更新日 2023.11.05 登録日 2023.11.03
恋愛 完結 ショートショート
伯爵令嬢のアルマは、二度も婚約を破棄された。婚約者はふたりとも妹のデリアに夢中になったのだ。アルマが婚約をすると、デリアは相手の男性と親しくなる。そしてすぐにアルマの婚約者を捨てるのだ。無邪気で天真爛漫で、姉の物をほしがる妹。両親は早く結婚しろとアルマを急かす。三人目の縁談が持ちこまれたとき、デリアは謹慎のために別荘に送られた。はたして三度目の正直なるか。緊張しまくるアルマだった。※誤字の御指摘ありがとうございます。直しておきました。
24h.ポイント 106pt
小説 9,228 位 / 184,947件 恋愛 4,168 位 / 56,212件
文字数 10,016 最終更新日 2023.10.26 登録日 2023.10.26
力を失った聖女ビアンカは、神殿を追放された。ビアンカを慕っていた少年テオドルの前で、彼女は殺されてしまう。 「わたくしは必ず帰ってくるわ」そう言い残したビアンカは、約束を果たした。王女セシリアとして生まれ変わったのだ。  ビアンカの再来を知ったテオドルは青年になり、最愛の人の魂を宿したセシリアの護衛騎士となる。 「テオドルは、もういない聖女を愛し続けているというわ」  彼が愛しているのが、過去の自分であることをセシリアは知らない。テオドルも隠し通したままだ。  そしてセシリアは、自分が聖女ビアンカの生まれ変わりであると気づく。  常にそばにいるのに、互いに隠し事を秘めた王女と騎士。主従の二人は、それぞれの恋心に気づく。
24h.ポイント 35pt
小説 18,673 位 / 184,947件 恋愛 8,263 位 / 56,212件
文字数 34,559 最終更新日 2023.10.08 登録日 2023.10.05
王太子妃になることが決定している侯爵令嬢のユーリアは、突然、ウエキという女性の魂に体を乗っ取られる。ウエキは、ユーリアの婚約者である王太子だけではなく、姉の婚約者の騎士までも自分のものにしようとする。これは体を乗っ取られて未来を奪われたユーリアが、大切なものを取り戻して、幸せになるお話です。
24h.ポイント 42pt
小説 16,503 位 / 184,947件 恋愛 7,491 位 / 56,212件
文字数 31,556 最終更新日 2023.09.15 登録日 2023.09.08
ヤクザの若頭の花隈(はなくま)には、婚約者がいる。十七歳下の少女で組長の一人娘である月葉(つきは)だ。保護者代わりの花隈は月葉のことをとても可愛がっているが、もちろん恋ではない。強面ヤクザと年の離れたお嬢さまの、恋に発展する前の、もどかしくドキドキするお話。
24h.ポイント 56pt
小説 13,830 位 / 184,947件 恋愛 6,294 位 / 56,212件
文字数 14,139 最終更新日 2023.08.27 登録日 2023.08.25
恋愛 完結 長編
ふたりの聖女が並び立つタイメラ王国。パウラは、先輩の聖女テレーシアのことがことごとく気に食わない。「絶対にあの女を引きずり下ろす。わたしがタイメラ唯一の聖女にして、王妃となり、のし上がってやる」パウラは、手っ取り早くテレーシアを失脚させるために、毒を盛られたと嘘をつく。王太子ビリエルはパウラの虚言を信じ、テレーシアを処刑する。だが精霊の力を借りて、テレーシアは刑場から消えた。飛ばされた隣国で、テレーシアは騎士団長のアルフォンスに助けられる。聖女が一人になったことで災厄に見舞われたタイメラ王国。「お前がテレーシアを連れ戻せ」と王太子ビリエルにパウラは命じられる。不服を洩らしながら隣国に向かったパウラは、テレーシアこそが敬愛される聖女であることを見せつけられる。
24h.ポイント 78pt
小説 11,359 位 / 184,947件 恋愛 5,097 位 / 56,212件
文字数 32,187 最終更新日 2023.08.17 登録日 2023.08.15
恋愛 完結 長編
母亡きあと、後妻と妹に、子爵令嬢のエレオノーラは使用人として働かされていた。妹のダニエラに縁談がきたが、粗野で見た目が悪く、子どものいる隣国の侯爵が相手なのが嫌だった。面倒な結婚をエレオノーラに押しつける。街で迷子の女の子を助けたエレオノーラは、麗しく優しい紳士と出会う。彼こそが見苦しいと噂されていたダニエラの結婚相手だった。紳士と娘に慕われたエレオノーラだったが、ダニエラは相手がイケメンと知ると態度を豹変させて、奪いに来た。
24h.ポイント 142pt
小説 7,558 位 / 184,947件 恋愛 3,378 位 / 56,212件
文字数 22,457 最終更新日 2023.07.23 登録日 2023.07.21
「そうや、ケーキを一緒に食べへんか?」神戸、華やかなりし大正浪漫。武史と美都子は婚約している。十二歳上の武史は、まだ女學生の美都子をすぐに子ども扱いする。そんな彼に対していつも素直になれない美都子。家同士で決められた結婚なのだから、当人の愛情なんてそこにはないのだから。わかっているのに、どうしてだか美都子は胸が苦しくなってしまう。
24h.ポイント 7pt
小説 36,392 位 / 184,947件 恋愛 16,032 位 / 56,212件
文字数 9,419 最終更新日 2023.04.18 登録日 2023.04.18
恋愛 完結 ショートショート
野暮ったくて冴えないヴィオラは、誰からもバカにされてきた。けれどテオに結婚を申し込まれる。「君ほどすてきな人はいないよ」と言ってくれたテオ。彼にふさわしい美しい女性になると心に決めたヴィオラは、特訓に特訓を重ねる。知的で洗練されたヴィオラのもとを訪れたテオは、美しくなったヴィオラを見て……。婚約破棄に至るお話です。
24h.ポイント 28pt
小説 21,158 位 / 184,947件 恋愛 9,358 位 / 56,212件
文字数 6,449 最終更新日 2023.03.18 登録日 2023.03.18
男爵令嬢のミリアムは、初対面である十一歳上のレオンの顔に、傷をつけてしまった。「わたし、責任をとります。レオンお兄さまと結婚します」「はい?」レオンと婚約したミリアムは、彼が趣味で開いている店を手伝っている。だが、どうしても子ども扱いしかしてもらえない。こんなにもお兄さまのことが好きなのに、こんなにも名前でよんでほしいのに。
24h.ポイント 49pt
小説 15,095 位 / 184,947件 恋愛 6,835 位 / 56,212件
文字数 34,580 最終更新日 2022.12.23 登録日 2022.12.16
恋愛 完結 短編
意地の悪い妹モニカは、おとなしく優しい姉のクリスタからすべてを奪った。婚約者も、その家すらも。屋敷を追いだされて路頭に迷うクリスタを救ってくれたのは、幼いころにクリスタが憧れていた騎士のジークだった。傲慢なモニカは、姉から奪った婚約者のデニスに裏切られるとも知らずに落ちぶれていく。※11話あたりから、主人公が救われます。
24h.ポイント 28pt
小説 21,158 位 / 184,947件 恋愛 9,358 位 / 56,212件
文字数 46,453 最終更新日 2022.05.13 登録日 2022.05.07
恋愛 完結 短編 R15
主従でありながら結婚式を挙げた護衛騎士のアレクと王女マルティナ。戸惑い照れつつも新婚2人のいちゃいちゃ、ラブラブの日々。また彼らの周囲の人々の日常を穏やかに優しく綴ります。※不定期更新です。一応Rをつけておきます。
24h.ポイント 28pt
小説 21,158 位 / 184,947件 恋愛 9,358 位 / 56,212件
文字数 29,967 最終更新日 2021.05.16 登録日 2021.04.11
マルティナ王女の護衛騎士のアレクサンドル。幼い姫に気に入られ、ままごとに招待される。「泥団子は本当に食べなくても姫さまは傷つかないよな。大丈夫だよな」幼女相手にアレクは戸惑う日々を過ごす。マルティナも大きくなり、アレクに恋心を抱く。「畏れながら姫さま、押しが強すぎます。私はあなたさまの護衛なのですよ」と、マルティナの想いはなかなか受け取ってもらえない。※『わたしは妹にとっても嫌われています』の護衛騎士と小さな王女のその後のお話です。可愛く、とても優しい世界です。
24h.ポイント 56pt
小説 13,830 位 / 184,947件 恋愛 6,294 位 / 56,212件
文字数 129,320 最終更新日 2021.04.05 登録日 2021.01.20
恋愛 完結 短編
「お姉さまって本当に地味でつまらないわよね」父である子爵に溺愛され、甘やかされて育ったビルギットは、姉のマルガレータを「地味」だと馬鹿にしている。マルガレータは長女として子爵家を支えているが、ビルギットは姉の婚約者も奪い、屋敷から追い出してしまう。マルガレータこそが彼女たちの贅沢な暮らしを支えているとも知らずに。放逐されたマルガレータを救ったのはクリスティアンという青年だった。
24h.ポイント 198pt
小説 6,071 位 / 184,947件 恋愛 2,673 位 / 56,212件
文字数 50,339 最終更新日 2020.12.11 登録日 2020.11.11
恋愛 完結 短編 R18
両片想いの婚約者同士のお話。騎士のマティアスは婚約者のユスティーナが懐いてくれないことが気がかりだ。だがユスティーナは彼のことが好きすぎて、ぎくしゃくしている。二人は互いに好意を持っていることに気づかない。そしてマティアスはおっとりした彼女のことが心配で心配で、放っておけない。過保護ではないと己に言い聞かせつつ。まぁ、実際は過保護すぎるのですが。
24h.ポイント 49pt
小説 15,095 位 / 184,947件 恋愛 6,835 位 / 56,212件
文字数 59,698 最終更新日 2020.09.10 登録日 2020.07.08
恋愛 完結 ショートショート
令嬢っていうと、普通は愛らしいのではなくて? 三白眼の伯爵令嬢シルヴァは、前髪を長く伸ばして目許を隠し、静かに暮らそうとしています。だって、魔女と罵られるくらいならまだマシなほどですもの。でも、目つきの悪さで騒動が起こってしまうんです。困りました。
24h.ポイント 28pt
小説 21,158 位 / 184,947件 恋愛 9,358 位 / 56,212件
文字数 5,901 最終更新日 2020.06.11 登録日 2020.06.08
29 12