上 下
53 / 109

用人の久田縫殿助長考は岩本正利より田安館の八役に対して意知を殺そうと欲する九八郎の背中を押して貰おうと考えている治済のその胸のうちを察する。

しおりを挟む
しおりを挟む