上 下
54 / 109

田安館に岩本正利を差し向ける「リスク」につき、一橋館の番頭である鈴木治左衛門と守山八十郎はその役目柄、本能的にそれに気づき、難色を示す。

しおりを挟む
しおりを挟む