上 下
61 / 107

田安館においても用人の小出半十郎の段取りにより田沼意知が若年寄へと進むことについて七役による鳩首会議がもたれる。

しおりを挟む
しおりを挟む