上 下
83 / 109

倫子や萬壽姫の死まで他殺ではないかと疑っていた留守居の松平正淳は家基の死に際会して、その疑いを家基の御側御用取次であった水上興正に告げる。

しおりを挟む
しおりを挟む