上 下
86 / 107

正淳は富と共に倫子の中年寄を勤め、その後、萬壽姫の中年寄をも勤めた高橋と、高橋と共に萬壽姫の中年寄を勤めた大崎からも聴取する。

しおりを挟む
しおりを挟む