‪白狼の虜囚―愛檻の神隠し―

〜異世界転移したらイケメンあやかし達に迫られる僕の話〜

*異世界あやかしファンタジー*
【神隠しシリーズ*其の弐】


『桜の神子』である陸(りく)は、その体液があやかしに妖力を与えるため常に狙われ続けてきた。

無事【約束】を思い出し、士狼(しろう)との祝言を控える陸だったが、今度は四妖のひとり鬼族の頭領百鬼(びゃっき)に攫われ陵辱されてしまう!

そして陸は、士狼はシロではなかったのだと確信しつつも士狼自身を愛している己に気づく。

穢されてしまったと思いつめた陸は士狼にサヨナラを告げ背を向けてしまう。

(士狼は『僕』が好きなわけじゃない。士狼はぜったいに僕を追いかけたりはしない……!)

満月の晩。陸の前に現れた白い獣人は、逃げる陸を捕らえて狭間へと連れ去る。

『俺の陸。誰にも渡さぬ。何処へもやらぬ。逃げようというのなら此処に閉じ込めて永遠に囲ってやろうぞ』

此れがお前が知りたかった熱だ――――。


【灼紅の章】鬼族×人間
【白焔の章】獣人×人間


BL/あやかし/神隠し/犬神/鬼/鴉天狗/溺愛/執着/嫉妬/獣人/身長差/花嫁/ハピエン



※『約束の契り―薄紅色の神隠し―』の続編です。



電子書籍の扉絵イラスト/NEO ZONE様(@hanahanahaney)
╰(*´︶`*)╯Thank you.♥


◆◇◆いつもご閲覧ありがとうございます♡《お気に入り》感謝!!
ニコ@000025NikO ◆◇◆


皆様の応援のおかげで電子書籍化しました!
試し読みできます♡
よろしくお願いします!
‪((´๑•ω•๑))。ο♡。ο♡


24hポイント 71pt
小説 13,629 位 / 148,974件 BL 2,993 位 / 17,141件