あの日、北京の街角で 番外編 これもほどよく憂鬱な日々

あの日、北京の街角で番外編。高橋祐樹の中学・高校生編。
女子とつき合ってもときめかない祐樹は自分の性的志向に疑問を持つようになっていた。そんな時、祐樹の前に二人の年上の男が現れて…。

「何が知りたい?」「自分が男とセックスできるかどうかを…」
24hポイント 0pt
小説 144,570 位 / 144,570件 BL 16,487 位 / 16,487件