世界を救い、国を滅ぼした聖女の話〜あるいは自重を捨てた腐女子の話

タイトルまんまです。BLネタなのでカテゴリーがBLですが、BLは機能してるけど仕事してません。ざまぁに近い話です。
主人公や主人公の推しの描写はとてもゆるふわです。
24h.ポイント 7pt
41
小説 35,133 位 / 187,429件 BL 9,412 位 / 24,265件

あなたにおすすめの小説

選ばれなかった王女は、手紙を残して消えることにした。

曽根原ツタ
恋愛
「お姉様、私はヴィンス様と愛し合っているの。だから邪魔者は――消えてくれない?」 「分かったわ」 「えっ……」 男が生まれない王家の第一王女ノルティマは、次の女王になるべく全てを犠牲にして教育を受けていた。 毎日奴隷のように働かされた挙句、将来王配として彼女を支えるはずだった婚約者ヴィンスは──妹と想いあっていた。 裏切りを知ったノルティマは、手紙を残して王宮を去ることに。 何もかも諦めて、崖から湖に飛び降りたとき──救いの手を差し伸べる男が現れて……?

初恋の兄嫁を優先する私の旦那様へ。惨めな思いをあとどのくらい我慢したらいいですか。

梅雨の人
恋愛
ハーゲンシュタイン公爵の娘ローズは王命で第二王子サミュエルの婚約者となった。 王命でなければ誰もサミュエルの婚約者になろうとする高位貴族の令嬢が現れなかったからだ。 第一王子ウィリアムの婚約者となったブリアナに一目ぼれしてしまったサミュエルは、駄目だと分かっていても次第に互いの距離を近くしていったためだった。 常識のある周囲の冷ややかな視線にも気が付かない愚鈍なサミュエルと義姉ブリアナ。 ローズへの必要最低限の役目はかろうじて行っていたサミュエルだったが、常にその視線の先にはブリアナがいた。 みじめな婚約者時代を経てサミュエルと結婚し、さらに思いがけず王妃になってしまったローズはただひたすらその不遇の境遇を耐えた。 そんな中でもサミュエルが時折見せる優しさに、ローズは胸を高鳴らせてしまうのだった。 しかし、サミュエルとブリアナの愚かな言動がローズを深く傷つけ続け、遂にサミュエルは己の行動を深く後悔することになる―――。

いつから魔力がないと錯覚していた!?

犬丸まお
BL
婚約者に無理やり襲われそうになり、寮の二階の窓から飛び降りたサフィラスは、落下した衝撃で前世を思い出した。サフィラスの前世は、無詠唱の大魔法使いと言われた最強の魔法使いフォルティスだったのだ。今世では、魔法伯爵家に生れながら5歳の魔力判定で魔力なしと判じられてからというもの、ずっと家族から冷遇されていた大人しいサフィラス。ところが前世を思い出した途端、サフィラスの人格は前世のフォルティスの人格にほぼ飲み込まれてしまった。これまでの可哀想なサフィラスよ、さようなら。これからは我慢も自重もしない。転生する前に、女神から与えられた強運という祝福と無敵の魔法で、これまで虐げられてきたサフィラスは人生を謳歌することを決意する!主人公が1ミリもピンチに陥らないお気楽な話です。恋愛&ラブHは物語後半に予定。

極上の男を買いました~初対面から育む溺愛の味~

春瀬湖子
恋愛
恋人を親に紹介した帰り、勝手に玉の輿を期待していた彼から「騙したな」と罵倒された木浦朱里。 というかそもそも社長令嬢だなんて私は一言も言ってないんだけど……!? 更に朱里との夜の生活もつまらなかったなんて言われ、そこまで言われるなら経験とやらを積んでやるわ、と開き直ったところで彼女に声をかけてきたのは―― 別れ話の時に偶然近くの席に座っていた顔のいい男×仕事好きな少し頑固系ヒロインの偶然が運命に変わるまで。 ※他サイト様にも投稿しております。

身勝手な婚約者のために頑張ることはやめました!

風見ゆうみ
恋愛
ロイロン王国の第二王女だった私、セリスティーナが政略結婚することになったのはワガママな第二王子。 彼には前々から愛する人、フェイアンナ様がいて、仕事もせずに彼女と遊んでばかり。 あまりの酷さに怒りをぶつけた次の日のパーティーで、私は彼とフェイアンナ様に殺された……はずなのに、パーティー当日の朝に戻っていました。 政略結婚ではあるけれど、立場は私の国のほうが立場は強いので、お父様とお母様はいつでも戻って来て良いと言ってくれていました。 どうして、あんな人のために私が死ななくちゃならないの? そう思った私は、王子を野放しにしている両陛下にパーティー会場で失礼な発言をしても良いという承諾を得てから聞いてみた。 「婚約破棄させていただこうと思います」 私の発言に、騒がしかったパーティー会場は一瞬にして静まり返った。

友人の恋が実りますように。

しゃーりん
恋愛
伯爵令嬢クラリーチェは友人である侯爵令息アマディオの恋を応援している。 アマディオの想い人は第二王子殿下フレデリックの婚約者である侯爵令嬢セレンティア。 二人は明らかに仲が良くないのだが、国王陛下が決めた婚約であることから婚約解消が難しい。 孤立しているセレンティアを見て、アマディオはフレデリックに婚約解消を言わせると言い出す。 その方法はセレンティアが浮気していると思わせることだという。 そんな上手いこといくかな?と思いながらも友人の恋のために手助けするお話です。

救国の英雄は初恋を諦めきれない

巡月 ことり
恋愛
リーフェンシュタール伯爵家の令嬢リーヴァは、行き遅れの22歳。6年前の社交界での屈辱的な出来事の所為で領地の外へ出ることを拒絶するようになった。 領民達と共に山へ登り猟へと繰り出す、そんな貴族令嬢らしからぬ生活をしていた。そこへ先頃終結した戦争の英雄、レイン伯爵家の次男で騎士のヴィルフレッドがリーフェンシュタール領に何故か療養と称してやってくる。この男こそリーヴァが社交嫌いになった原因の男だった。 彼の意図を計りかね、あからさまに拒絶するリーヴァに対しヴィルフレッドはまるで6年前のことなど忘れたように終始穏やかに接する。そのことが更にリーヴァの怒りに火を着けた。しかし、どうやら彼にも何やら事情があるようで。リーヴァはヴィルフレッドと衝突しながら、彼の思いに触れて行くのだった。

浮気相手にされて別れたら、ノーマークだった男が『俺の子供産みません?』と、プロポーズしてきた。

Q.➽
BL
宮川風悠(みやがわふゆ)、21歳は、 とある事情から最近婚活を始めたΩだ。 カリスマΩを見習って、お淑やか・健気・清純派などなど、超猫を被って婚活に乗り出し、その努力の甲斐あって初めての番候補のカレシができたのだが… 波乱は3ヶ月目に訪れた。 意識されていなかったα×厚い猫ガワを被るΩ ※可愛い受けをご期待の皆様、先に謝罪いたします。申し訳ございません、おりません。