彼女と私の冷戦と部活

強豪校でバレーに励む亜里沙。日々の体が溶けるような練習に加え、試合メンバーにも入れてもらえず、幾度となく心が折れていたのだった。
ベンチから見えるコートは、目の前にあるのに遥か遠く、そこから見える跳ね散る汗の光は、少なからず亜里沙の心を鼓舞させていたのだった。
そんな高校最後の夏。とうとう試合に選ばれるようになった亜里沙は、自分がメンバーに入ったことによって補欠に回された真奈と、言葉を交わせない仲になっていく。
24hポイント 0pt
小説 87,563 位 / 87,563件 青春 3,752 位 / 3,752件