男子校の姫

「オタサーの姫」という言葉を聞いたことがあるだろうか。県立の男子校夏海高校に進学した山吹涼は「男子校の姫」として扱われている。中性的な容姿と優秀な学業成績が相まって周りからちやほやされるのはいいのだが、一線を引かれてしまい学校では友達もできない。高二になってクラスが変わっても扱いは変わらないが、同じクラスになった峰岸優太は一人の人間として話しかけてくれて…?
24hポイント 7pt
小説 35,290 位 / 148,832件 BL 7,810 位 / 17,123件