ゆうくんはゆめのなか

ある雨の日、中学生の由宇は常盤と名乗る喫茶店の店主に出会う。人付き合いの苦手な由宇だったが、優しく温和な常盤の存在に、次第に心惹かれていく。由宇は家庭からの逃げ道を探すように、彼の店に足繁く通うようになるのだった。それが、紛れもない裏切りであると知りながら。
腹に何かありそうな大人×幸の薄いけなげな少年。
24hポイント 63pt
小説 15,325 位 / 140,759件 BL 3,237 位 / 15,949件