盲目少年に恋しイタチザメ

「鮫の人魚だから碌な恋愛、出来ねえと思ってたハズなのにな……」

鮫の人魚であることを理由にないがしろにされていたことで拗れ、気を紛らわすために非行に走っていた王家出身のイタチザメの人魚・砕波(さいは)。しかし、ついに素行の悪さを咎められ、更正名目で南の人魚界に追いやられてしまう。誰にも心を開けないまま南の人魚界で過ごしていたがある日、怪我をして衰弱していたところを盲目の少年・内海琉璃(うつみ ゆり)に助けられる。鮫…特にイタチザメが好きだと言う琉璃に心を癒されていることに気付き始め、徐々に心に変化が訪れていく。捻くれ者なイタチザメの人魚×鮫の好きな盲目の少年の恋物語……人魚シリーズ第二弾、遂に始動。

※この話は人魚シリーズの第二弾となり舞台は違えど前作シロワニの花嫁とリンクしているお話となります、砕波の過去の所業はシロワニの花嫁をご覧になっていただくと幸いです。

※性的描写が入る際は*マークがタイトルにつきます。

※こちらはムーンライトノベルズで完結済みとなった作品をアルファポリス版にとして書き換えたものです。
24hポイント 35pt
小説 11,107 位 / 84,957件 BL 1,905 位 / 8,062件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!