愛し愛され。また愛す。

ゲイでタチ専の暁涼太。自身の飄々として掴めない性格から、人に依存するのをあまり好まない。体だけの関係だけを望み増していくのは自分への劣等感。相手に本当の自分を悟られないようにするのが癖づいてしまっていた。
そんな涼太の会社の後輩である、小林隆弘。彼は涼太の飄々とした性格を苦手とし涼太に対して少し冷たい態度を取ることが多い。
しかし、涼太の性格にどこか違和感を感じて彼に興味を引かれ始める。彼の本音はどれなのだろうか。

隆弘にとって涼太はただの苦手な上司のはずだったが…?
涼太の中に隠された過去とはなんなのか…。

【不定期投稿】
凄く期間を開けてしまうことが多いです。あまり期待しないでください。でも、見てください。
24hポイント 0pt
小説 95,918 位 / 95,918件 BL 9,408 位 / 9,408件