時には星を見ながら眠る

 誰にも「鮮明に覚えている情景」というものが、ひとつふたつ、あるかもしれない。
 ボクにとっての決して忘れられない情景。それは相棒と過ごした、あの夜がそれであった。
 満天の星空の下、いつまでも焚火を見つめながら酒を呑んでいたあの夜。もう決して戻ることのできない、あの日々……
24hポイント 0pt
小説 127,899 位 / 127,899件 ライト文芸 5,083 位 / 5,083件