クジラと雨宿りした猫

森の奥深く、ネモという猫の男の子が住んでいました。
ある日、ネモがさくらんぼの花を見に出かけると泉に何か浮かんでいます。

それはクジラの置き物でした。
ネモはクジラと一緒に、お花見をしながらおにぎりを食べます。

「君の口は開いてるね。お腹すいたの?」

クジラの口におにぎりの梅干しを入れた途端、不思議なことが起こるのでした。


ベリーズカフェでも公開中です。
24hポイント 0pt
小説 30,947 位 / 30,947件 絵本 170 位 / 170件