バレエ・メカニック

終末世界。滅びゆく世界を生きるバイオノイド(人造人間)たちの物語。
舞台はお歯黒どぶに囲まれたかつての吉原遊郭を模した花街。
そこではバイオノイドたちが春を売る。
彼らは一様に美しく、老いることはない。
そんな彼らは春を売りながら人間と関わりあう。

※マークは、暴力、濡れ場のある物語の表記となっております。ご注意ください。

ポストアポカリプス×成年向けSS連作形式で綴られるBLとなっております。

▼pixiv様でも連載中。
24hポイント 0pt
小説 74,209 位 / 74,209件 BL 6,706 位 / 6,706件