旅小説(外部サイト)一覧

タグ ×
768 1617181920
3・11、あの日がまたやって来る。 あの日のことを、海に沈んでいった人の方から書いてみたいと思っていた。 あるSNSで丁度そのような掌編に出会った。「短すぎる。続きを読みたい」とコメントを送った。「出だしに掌編を使って貰って結構。続きは自分で書いて下さい。ただし私の文は一字一句変えないこと」と返事を貰った。 一応ファンタジーに入れた。私の作品「看護学生探偵は白い制服」のレビユーに「いい意味で、浮いた作品です」と嬉しい?コメントを頂いた。これは「沈んだ」作品である。
24hポイント 0pt
小説 19,438 位 / 19,438件 ファンタジー 7,537 位 / 7,537件
登録日 2019.08.26
762
ファンタジー 連載中 長編 R15
雲海の上に島々の浮かぶ世界があった。 そこでは竜玉船と呼ばれる船が、雲海の上を行き交っていた。 異邦人の少年ソロンは、故郷の危機を救うため雲海に浮かぶ帝国を訪れる。 そこで待っていたのは、若き女帝アルヴァとの出会い。 半ば強制的に女帝の依頼を受けたソロンは、雲海の孤島へと冒険に向かうことに。 そしてそれは、長い冒険の旅の始まりとなるのだった。 ※冒険要素多めの王道ファンタジーです。 ※毎日更新で、最終的には100万字を超える見込です。  書き溜め大量&結末までのプロットも作成済のため、必ず完結させます。
24hポイント 0pt
小説 19,438 位 / 19,438件 ファンタジー 7,537 位 / 7,537件
登録日 2019.09.22
母子家庭の夏季。両親の過度の愛情に困惑する俊。人より本が好きなフリーター、倫。祖父の死により孤児となってしまった哲。元いた世界から突然呼び寄せられた4人の男女。特別な力を持つ「使い」と呼ばれる兵士となり、異世界で出会う仲間たちと共に、史上最悪の魔女を打倒するべく立ち上がる。
24hポイント 0pt
小説 19,438 位 / 19,438件 ファンタジー 7,537 位 / 7,537件
登録日 2019.07.06
764
ファンタジー 連載中 ショートショート
母子家庭の夏季。両親の過度の愛情に困惑する俊。人より本が好きなフリーター、倫。祖父の死により孤児となってしまった哲。元いた世界から突然呼び寄せられた4人の男女。特別な力を持つ「使い」と呼ばれる兵士となり、異世界で出会う仲間たちと共に、史上最悪の魔女を打倒するべく立ち上がる。 行方不明となっていたシエ・ラートンが兵士のイルタと共にセボの城に帰還し、城下町は喜びに包まれる。しかし、魔女リカ・ルカとその一派は水面下でセボの国の転覆に向けて着々と力を増していた。さらに、夏季たちより先代の「使い」たちも集結しはじめ、様々な思惑が絡み始めるのだった。
24hポイント 0pt
小説 19,438 位 / 19,438件 ファンタジー 7,537 位 / 7,537件
登録日 2019.09.24
「ん!!」 「はいはいケーキお待たせいたしましたー」 「めし!!」 「はいはいもう少し時間くださいー」 「ちょっと!!」 「はいはい今日は肩が凝ってますねー」 これは最強の人形使いと言われる予定だった男の哀しき物語。 人形使いと呼ばれる特殊な能力を授かった少年シュガールはとある貴族の末っ子として生誕した。 魔術も魔法も使えない。 できることは人形を動かすことだけ。 結果、誰にも認められることがなかった少年は家を追い出されどん底に、、、 そして彼は復習を誓った。 能力で美女を侍らせ強い仲間に守られ金と女と名声を手にするはずだった。 最強と呼ばれるはずだった。 しかし幼女に引きこもりにバックラーに顎で使われる日々。 僕はどうしてこうなった!?
24hポイント 0pt
小説 19,438 位 / 19,438件 ファンタジー 7,537 位 / 7,537件
登録日 2019.09.25
―言わば人が神隠しにあったように消失している。いいや、人だけに留まらず生物が存在しない。不気味な静寂が支配する異様な世界だ。 ミヨリは人が忽然と消えた世界を旅する。
24hポイント 0pt
小説 19,438 位 / 19,438件 ファンタジー 7,537 位 / 7,537件
登録日 2019.10.01
わたしは帰宅部の高1女子。 朝、目が覚めたら変な奴が天井に張りついていました。「月から来た」というその変な少年に連れられて、登校前のわたしはあちこちに出掛けます。彼は「サービス」だと言ってるんですけど。 Kindle著者ページ http://www.amazon.co.jp/-/e/B07R1YLKBJ
24hポイント 0pt
小説 19,438 位 / 19,438件 ファンタジー 7,537 位 / 7,537件
登録日 2019.10.09
【10/12更新】マナカさんの言うように、カバネというのはただ一言で説明するなら“骨”である。カバネという異界語には死体の他に死体の骨という意味がある。スカッリア語に“死体の骨”などという冒涜的な意味を持つ手軽な語がなかったために、骨として動くあれらを表す言語としてはカバネがすぐに採用された。異世界人が異界語を持ってやってくる前は一体何と呼ばれていたのか、フゴは聞いたことがない。
24hポイント 0pt
小説 19,438 位 / 19,438件 ファンタジー 7,537 位 / 7,537件
登録日 2012.02.10
768 1617181920