古武術小説(外部サイト)一覧

タグ 古武術×
1
1894年、明治時代―― 廃藩置県によって沖縄県となった東洋の島国・旧琉球王国。 のちの世で「空手」と呼ばれることになるこの沖縄固有の武術は、旧王国の繫栄と滅亡、さらに沖縄県の誕生という激動の時代を経験してきたこの地でティー(手)と呼ばれていた。 そして、ティーの修業者達にとって腕試しの場となるのが、沖縄随一の歓楽街で行なわれる自由組手形式の野試合、通称「カキダミシ(掛け試し)」。 沖縄の武人達は己の誇りを懸けて、遊廓・辻に集う。 拳を交えた先に彼らが見たものは栄光の未来か、あるいは新たなる試練か…… 時代の流れに翻弄されてもなお、琉球の地で戦うことをやめなかった誇り高き武人達が織りなす空手アクション歴史小説、ここに誕生! ・検索キーワード 空手道、琉球空手、沖縄空手、琉球古武道、剛柔流、上地流、小林流、少林寺流、少林流、松林流、和道流、松濤館流、糸東流、東恩流、劉衛流、極真カラテ(極真会館、大山道場)、芦原会館、正道会館、白蓮会館、国際FSA拳真館、大道塾空道
24hポイント 0pt
小説 20,788 位 / 20,788件 歴史・時代 439 位 / 439件
登録日 2020.02.12
1