相棒小説(外部サイト)一覧

タグ 相棒×
3
ドラゴン信仰を良く思わない近隣の村から焼き討ちにあった廃村。 そこにはまだ1人の少年が暮らしていた。 ある日、少年は不注意で村の祠を壊してしまい、 祀っていた小さなドラゴンが封印から目覚めてしまう。 襲われると思いきや、ドラゴンは少年に懐き始め……!? 「もしかして、言葉は分からない? ……トカゲちゃん」 「グルル?」 何故、ドラゴンは自分を襲わないのか。 彼は、焼き討ちの日に命を助けてくれた黒い鎧の男から、 ドラゴンの血を与えられていたのだ。 自分は人の仲間なのか、ドラゴンの仲間なのか。 自分の体はどうなってしまうのか。 小さなドラゴンの仲間は、今どこにいるのか。 その謎を解き明かすべく、1人と1匹はドラゴンの大陸「浮遊大地ドラゴニア」を目指す。 時に人のために、時にドラゴンの為に行動し、 少年はかつて燃え盛る村の中、「生かされた」その意味を探っていく……。
24hポイント 6pt
小説 1,169 位 / 19,568件 ファンタジー 455 位 / 7,825件
登録日 2021.02.05
GB
※『Dawn of the Mapmaker』という題名でCross Infinite World社から英語版(電子書籍)が出版されました。もの久保さんによる美しい表紙と挿絵は必見です!※  「その知識は、本来お前が持つべきものではない」鳥の眼を借りたかのように精確な地図を手に、旅の剣士はそう言った。「知識は、ちからだ。そして、不必要に大きなちからは、それだけで災厄を引き寄せる」――見た目ちびっ子な地図屋の少女と、少女の師匠を罪びととして追う腕利き剣士と切れ者魔術師との、世界の秘密を巡る冒険譚。本編完結、番外編随時追加中。
24hポイント 1pt
小説 2,805 位 / 19,568件 ファンタジー 990 位 / 7,825件
登録日 2016.06.27
【1行紹介】 引っ込み思案だった貧乏召喚士の少年が、クールで優しい人型精霊から1人前に育てられ、仲間と共に悪へと立ち向かうお話。 【あらすじ】 物語の主人公であるキリムは、危険を冒して各地を回る「旅人」を志望する少年だ。 彼は召喚の能力を持っていて、自然や力を司る精霊を呼び出すことができる。 しかしその能力を使っていつかは旅に出たいと思うものの、 病気の父の看病、魔物の襲来で壊滅した村の復興のため、その夢を諦めつつあった。 キリムはそんなある日、駆け出しには不相応な強さを誇る人型の精霊ステアを呼び出してしまう。 生活費も底をつき、父親の薬も残りわずか…… 哀れなキリムを見かねて、ステアはキリムに旅立ちを決意させる。 「魔法はどれくらい使える。1度召喚してしまえば暇だろう」 「暇って……。魔法なら1日に5,6発はなんとか」 「話にならん。魔力切れを恐れて突っ立っているくらいなら武器を使え」 「え、ええ……? 俺、召喚士ですけど」 出遅れた新米召喚士と、少年を放っておけない不愛想で優しい相棒、人型精霊ステアの旅。 時折現れる他の精霊の助けや人々との出会いにより、キリムは次第に旅人としての頭角を現す。 そして、その旅の中で、それぞれに隠された秘密へとたどり着く。 キリムとステアは諸悪の根源となる者を捕らえ、両親や精霊たちの雪辱を果たせるのか……。 毎日更新! 世間慣れしていない少年と精霊の旅を是非お楽しみ下さい! ※ハブられ、追放、ざまあ、チート、恋愛などの要素はありません。  主人公の成長や相棒との信頼関係、旅の様子、人との繋がりを重視した作品です。 どうか面白いと思っていただけましたら応援を宜しくお願いします。 小説家になろうにて同内容を掲載中。
24hポイント 0pt
小説 19,568 位 / 19,568件 ファンタジー 7,825 位 / 7,825件
登録日 2020.12.10
3