酒場小説(外部サイト)一覧

タグ 酒場×
2
2018/5/10 ツギクルブックス様より書籍化 片翼のキメラ傭兵団 その重鎮だった人熊族の重騎士リグドは、若い2代目リーダーに軽口を叩いたことで傭兵団を首になってしまう。 誰にも告げず街を出たリグドだが、そんなリグドを慕っていた人犬族の弓士クレアがその後を追いかけていき…… そんな2人は、結果的に結ばれ一緒に暮らすことを決め辺境の田舎町へと引っ越していく。 この物語は、豪快な性格のリグドと、体育会系がっかり美女なクレアが織りなす年の差カップルのイチャコラな日常を綴っただけの、のんびりとしたお話 ……の、はずです。
24hポイント 66pt
小説 527 位 / 19,051件 ファンタジー 269 位 / 7,279件
「世は冒険時代である!!」 英雄冒険家ヘルトの言葉だ。 かつて人間と魔族で起こった古代戦争。 現代にまで残り続ける遺跡群は、いつしかダンジョンと呼ばれるようになった。 失われた叡智と宝物が眠るダンジョンに人も魔族も「夢」を見た。 やがて、命を賭して戦い続ける夢の旅人たちを世界はこう呼んだ。 『冒険者』と。 そして、イーストフィールズ領の小さな田舎町『カントリー・タウン』にそれは在った。 木造平屋建て、三角屋根の小さな酒場。 人ひとりが通れる狭い入り口脇に立て掛けられた看板には、店名"MOON&SUN"の文字が掘られている。 一見すればお洒落なバーかと思うが、扉を開けばお世辞にも綺麗とはいえないテーブル席と、狭いカウンター席。 ……オマケに床はギシギシ軋む。 だが店内を見渡せば、賑わっている様子。 対応に追われる可愛い女子店員がホールを忙しそうに走り、カウンター席では主人と思わしき男が馴染みの客に料理を振るう。 ふと、馴染みの客と主人の会話に耳を傾けてみる。 「マスター、この店もいい感じになってきたんじゃないですか」 「まだ開店して一か月だぞ。まだまだ良い店も何もあったもんじゃないさ」 どうやらこの店はオープンして間もないらしい。 馴染みの客は一欠けらのチョコレートをウィスキーで流し込んだ後、笑いながら言った。 「いえいえ、それでも噂にはなってますよ」 「何がだ」 「世界を斡旋する冒険団の『元エース』が開いた冒険者のための憩いの場……ってね」 ……それ故に。 この酒場は開店一か月して、既に冒険者たちの間では話題となっていた。 "MOON&SUN"という店名など露知らず。 冒険酒場と、呼ばれて―――。
24hポイント 0pt
小説 19,051 位 / 19,051件 ファンタジー 7,279 位 / 7,279件
2