経営小説(外部サイト)一覧

タグ 経営×
3
コンビニ店員のおっさんが、勇者召喚に巻き込まれて異世界に! いわゆるクラス転移というやつに巻き込まれた、冴えない三十五歳の独身男性、乙木雄一。 召喚された勇者たちは女神様からチートスキルを一つずつもらって転生するが、おっさんは巻き込まれただけなのでチートは売り切れ、貰えなかった。 代わりとばかりに女神様は、チートスキルを作るための参考に集めていた余り物、廃棄スキルをまとめておっさんにぶち込み、強制的に異世界で送り出す。 ステータスも低く、スキルも役立たず。でもおっさんはがんばります。 気付けばおっさんの周りには、なぜかおっさんを慕う女の子や男の娘がたくさんいて。 おっさんもまんざらじゃない気分だったり。 廃棄スキルも駆使したら、全然弱くなかったり。 そんなおっさんの異世界での、なんてことの無い物語。
24hポイント 1,262pt
小説 49 位 / 18,897件 ファンタジー 36 位 / 7,200件
「世は冒険時代である!!」 英雄冒険家ヘルトの言葉だ。 かつて人間と魔族で起こった古代戦争。 現代にまで残り続ける遺跡群は、いつしかダンジョンと呼ばれるようになった。 失われた叡智と宝物が眠るダンジョンに人も魔族も「夢」を見た。 やがて、命を賭して戦い続ける夢の旅人たちを世界はこう呼んだ。 『冒険者』と。 そして、イーストフィールズ領の小さな田舎町『カントリー・タウン』にそれは在った。 木造平屋建て、三角屋根の小さな酒場。 人ひとりが通れる狭い入り口脇に立て掛けられた看板には、店名"MOON&SUN"の文字が掘られている。 一見すればお洒落なバーかと思うが、扉を開けばお世辞にも綺麗とはいえないテーブル席と、狭いカウンター席。 ……オマケに床はギシギシ軋む。 だが店内を見渡せば、賑わっている様子。 対応に追われる可愛い女子店員がホールを忙しそうに走り、カウンター席では主人と思わしき男が馴染みの客に料理を振るう。 ふと、馴染みの客と主人の会話に耳を傾けてみる。 「マスター、この店もいい感じになってきたんじゃないですか」 「まだ開店して一か月だぞ。まだまだ良い店も何もあったもんじゃないさ」 どうやらこの店はオープンして間もないらしい。 馴染みの客は一欠けらのチョコレートをウィスキーで流し込んだ後、笑いながら言った。 「いえいえ、それでも噂にはなってますよ」 「何がだ」 「世界を斡旋する冒険団の『元エース』が開いた冒険者のための憩いの場……ってね」 ……それ故に。 この酒場は開店一か月して、既に冒険者たちの間では話題となっていた。 "MOON&SUN"という店名など露知らず。 冒険酒場と、呼ばれて―――。
24hポイント 0pt
小説 18,897 位 / 18,897件 ファンタジー 7,200 位 / 7,200件
主人公のレオナ―ルは最弱職業である商人とは別に魔王の役職も保有していた。 魔王の力のおかげで最上位クラスの魔法を使うことができたが、 パーティ所属の魔法使いの立場を奪ってしまうため、実力を隠して手柄を譲っていた。 そんなある日、レオナールは理不尽な理由でパーティから追放されてしまう。 ダンジョンマスターに就任したレオナールは、魔王の力と、商人としての経営の知識を駆使し、ダンジョンを運営していく。 レオナールを裏切ったパーティを見返し、復讐を果たすまでの闘いが始まる。 ※本作は下記のような要素を含んでいます パーティから追放されたことに対する復讐要素 隠していた実力を発揮することで周囲から認められていく成りあがり要素 エッセンス程度ですが経営学や金融工学の勉強ができる要素
24hポイント 0pt
小説 18,897 位 / 18,897件 ファンタジー 7,200 位 / 7,200件
3