異種族交流小説(外部サイト)一覧

5
前世で女子高生だった”私”は、突然倒れたかと思ったら、いつのまにか白銀のドラゴン『ルーナ』に生まれ変わっていました! オオカミに追い回されたり、罠に引っかかったり、憂き目に逢いながらも騎士に拾われ、なんとか一命をとりとめる。 その後、なんとか騎士寮の一室で隠れて生活するも、あっさりと他の騎士にバレてしまい……ってあれ、なんか可愛がられてる? みんな優しくて、おいしいご飯も食べられて、毎日毎日とっても幸せです! そんな自称”かわいくて天才”なドラゴンが、騎士たちとほのぼの日常を送るお話。
24h.ポイント 3pt
小説 246 位 / 21,320件 ファンタジー 103 位 / 8,259件
登録日 2024.02.16
余命半年を宣告され引き籠っていた僕は、プレイ中の体感時間を圧縮することで余命を延ばすことが出来るというVRゲームで余生を過ごすことに決めた。 しかしその世界の何もかもがリアルに作られた世界だった。 NPCは高度なAIを持ち、それを殺すことに抵抗を覚えた僕は逆にNPCを殺すプレイヤーを殺す“プレイヤー殺し”としてゲーム内人生を過ごしていた。 あるとき遂に現実での命が尽き、そこで終了するはずだった僕の人生はNPCとしてゲーム内に存在し続けることになる。 ゲーム世界の住人となった僕は意思を持つ異種族NPCたちと共に理想の世界を創り上げるため、ゲーム世界の征服に乗り出す。 ※よろしければ本編3話までお読みいただければ幸いです。
24h.ポイント 0pt
小説 21,320 位 / 21,320件 ファンタジー 8,259 位 / 8,259件
登録日 2020.10.16
青年は黒猫を見下ろした。 黒猫は青年を見上げた。 黒い、滑らかな眼球が、じいと青年の顔を見上げる。 ——終わらせないと、終わらない。 青年の口が小さく動いて、そう言った。 *** 魔王が勇者に相打ちで討伐された国で、ぼんやり余生を過ごす痩せぎすの男と、彼と共に静かに暮らす、喋る黒猫の話。 その1…全2話。 その2…全2話。 *** ひとしきり笑ったあと、目尻の涙を拭いながら、見上げてくる黒猫に呟く。 「初等部のときの将来の夢。思い出した」 憑き物が落ちたような顔で、男は黒猫の小さく丸い頭部を、いつもより少し強い手つきで撫でた。
24h.ポイント 0pt
小説 21,320 位 / 21,320件 ファンタジー 8,259 位 / 8,259件
登録日 2023.08.16
唐突に気を失った俺は、いかにもな異世界の城で目を覚ました。 魔王が自分の戦闘テーマ曲を作る為に、俺を召喚したらしい。モンスター達による楽団を任され、魔王が納得する曲を作らなければ処刑されてしまう。 どうしよう。 ※グロテスクな表現が随所にあります。死亡、死体損壊描写をコメディとして扱う表現が苦手な方にはお薦めしにくいです。
24h.ポイント 0pt
小説 21,320 位 / 21,320件 ファンタジー 8,259 位 / 8,259件
登録日 2023.08.14
会社からの帰宅途中、終電に跳ねられて死亡した僕は美人な転生神様の導きでチート転生することに。 普通の幸せな生活を望んで転生したはずの僕は、最悪な性格の『こいつ』の身体に転生し、いきなり殺されるという悪夢のような状況から転生人生をスタートさせた。 チート転生なので殺されても死なない僕は、その悪夢のような環境でも冷静に現状把握して、残念転生に活路を探す。 『こいつ』の罪を償い、迷惑を掛けた人々を救うべく、転生神より与えられた便利すぎる魔法の力を使って、美容整形医という道を選ぶ。 救われた人たちの幸せな未来を求めて。
24h.ポイント 0pt
小説 21,320 位 / 21,320件 ファンタジー 8,259 位 / 8,259件
登録日 2018.02.23
5