侍女小説(外部サイト)一覧

3
1
恋愛 連載中 長編 R15
☆アリアンローズから書籍1~4巻発売中、他コミックス1巻も出ております。 ユリア・フォン・ファンディッド。 ひっつめ髪に分厚い眼鏡、不愛想な王女専属の侍女。 そんな彼女は実は転生者で、メインキャラとはまったく関係ない位置にいたのにヒロインのライバルキャラとなる王女のお世話係になった途端、子供好きで世話好きの火が点いた! 王女のことが可愛すぎて、彼女が結婚する時にはついていくなんて言い出した日には王女の方がユリアを心配するのだ。 「ねえユリア、そばに居てくれるのは嬉しいけど、あなた結婚しないでいいの・・・?」 果たしてユリアは恋愛に目覚められるのか? 目覚めたとしてちゃんと成就できるのか? ※各話の横に副題があるものは主人公視点以外です。 ※外部リンク先は「小説家になろう」になります。
24h.ポイント 2pt
小説 325 位 / 21,295件 恋愛 103 位 / 4,939件
登録日 2019.12.01
不甲斐ない鈍感王と彼に思いを寄せる侍女とそんな妹の思い人に腹を立てる宰相閣下のおはなし。
24h.ポイント 0pt
小説 21,295 位 / 21,295件 恋愛 4,939 位 / 4,939件
登録日 2019.06.10
 パルネア王国で、セレニー王女付きの侍女をしているローズ・メイアーは、日本で生きていた記憶を持つ転生者。  優しく耳かきをしてもらった幸せな記憶を忘れられず、日本式の耳かきを手に入れる為に子供の頃から奮闘していた。  ようやく納得の行く耳かきを手に入れる事に成功したが、セレニーが隣国へ政略結婚で嫁ぐ事になった。ローズはセレニー付きの侍女として、共にポート王国へ行く事になった。  セレニーがポートへと移動する途中で宿に泊まったある夜、ローズは厨房の机で耳かきを検分していた所、護衛の騎士であるジルムート・バウティに見とがめられる。耳かきを知らないジルムートは、暗器(暗殺用の武器)と勘違いしたのだ。  ジルムートの勘違いを訂正する為、ローズは耳かきの技術をジルムートに余す事無く提供し、快感によって屈服させる事に成功した。しかし、ジルムートに懐かれる事になった。 異世界の記憶を持つ耳かき侍女と、最強の騎士と恐れられる国王の護衛騎士の物語。
24h.ポイント 0pt
小説 21,295 位 / 21,295件 ファンタジー 8,269 位 / 8,269件
登録日 2019.03.04
3