勇雨

勇雨

こんにちは。ユーザーの皆さん、スタッフの皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。コメントは、ありがたく受け付けております。
1
閃光が、走る…… 見馴れた風景から一変。世界は、日常は、破壊された…… 首都圏高校に通う2年生水空勇磨は通学途中、天を焦がす眩い光を最後に、意識を失う。 「ーきろ……起きろ!」 おでこを何かが連打する感触と、年老いた声に、勇磨が目覚める。 「短足の猫が、しゃべっている……」 勇磨は呟くと、再び意識を手放した。 閃光により崩壊した世界。天使と悪魔、神々と人間、そして猫。勇磨は仲間たちと協力して、バラバラになったワールドを再び繋ぎ合わせ、日常を取り戻す戦いに、身を投じる……
24hポイント 0pt
小説 124,775 位 / 124,775件 ライト文芸 5,145 位 / 5,145件
文字数 6,758 最終更新日 2021.07.31 登録日 2021.07.30
1