鷹岩 良帝

鷹岩 良帝

1
おとぎ話として語り継がれる『絶望と希望の光』千年の時間が紡ぎだした二編の物語。 舞台は二章に描かれる絶望に立ち向かう五人の少年少女の物語。 過去の英雄により絶望が封じられてから千年後、些細なことから封印の一部が解かれてしまう。 絶望は一人の少年に乗り移ると、女神の恩恵を利用して人として過ごす。すべての封印を解き、世界を支配するために……。 絶望の復活を感じ取った女神は、五人の少年少女に特別な力を与える。その中でも、銀髪金眼の少年『ルーセント・スノー』に絶望を消滅させられる唯一の力を授ける。 十歳を迎えたルーセントは、女神から受けた特別な力を解放すると、絶望を倒すための長い長い旅を仲間達と共に歩んでいく。
24hポイント 14pt
小説 5,469 位 / 24,571件 ファンタジー 2,103 位 / 9,072件
文字数 205,695 最終更新日 2018.01.16 登録日 2017.11.14
1