ひづきひろし

ひづきひろし

悪逆非道?は、2日から4日に1度更新。これは絶望のエピは、週に1度更新となります。良かったら読んで下さい
3
『戦争はこれで本当に終わりを迎えた。 復興はこれで本当に始まりを迎える。 そう。 絶望は今日この日本当の意味で終わり、希望は今日この日本当の意味で始まる。』 だからこれは、絶望の物語のエピローグで、希望の物語のプロローグ。 物語の結末は決まっている、希望に至るハッピーエンド。 絶望の淵からもがいて苦しんで、償いと幸せを求めた少年の死をもって、この物語は希望の結末を迎える。
24hポイント 0pt
小説 47,060 位 / 47,060件 ファンタジー 15,726 位 / 15,726件
文字数 36,464 最終更新日 2019.03.17 登録日 2018.11.16
ダンジョンマスター業界はとてつもなくブラックだ。給料はない、休日もない、常に命を狙われ最期は殺されてしまう。 だがその代わり夢がある。誇りがある。 やりがい溢れる素晴らしい職場だ。 ああ。 そう思っていたのはいつの頃までだっただろう。 もし過去に戻れるならそんな自分を殴ってやりたい、ダンジョンマスター生はそんな甘いもんじゃないんだと怒鳴りつけてやりたい。 例え世界で一番のダンジョンになろうとも、この世を支配できるほどの戦力を揃えようとも、そんな時は来ないのだから。 俺ことダンジョンマスターは日夜戦い続ける。 迫り来る侵入者。圧倒的な配下。容赦のない配下。襲いかかる胃痛。 そして最強の勇者。食費と言う名の最悪の敵。やはり襲いかかる胃痛。 主にそんな7人の美女と、ダンジョンが拡大する度に増えていく美女や美少女や美幼女達と、ダンジョンマスターは日夜戦い続ける。 「どうしてダンジョンモンスターなのにダンジョンから出ちゃうんだっ。命ってのはねっ、Lv上げのために存在するんじゃないんだよっ。特にそこの貴女は勇者でしょうっ? 殺戮だけは、殺戮だけは……、やめてくれーっ」 俺は今日も歩み続ける。 悪逆非道のこの道を。 涙で前が見えないこの道を。
24hポイント 115pt
小説 330 位 / 19,048件 ファンタジー 175 位 / 7,281件
 河川敷のダンボールハウスに住み、銀色のタイツに身を包んだ宇宙人。  お金が無く雑草を焼いて食べるおっさんは誰がどこからどう見ても変態である。  しかし、本物の宇宙人だ。  対する少年はどこにでもいる普通の少年。特徴と言えば優しいことと、足が遅いこと。  そして名前の万太郎にかけて同級生からはのろマンタローといつもいつもからかわれていること。  2人はいつの頃からか友達だった。  これは、宇宙人と少年がおりなす夏休み直前の物語。  次々と振りかかる問題に、果たして2人は友達として夏休みを迎えられるのか。 「少年っ、来てはいけないっ」  暗い夜、たくさんの光に照らされる宇宙人。 「宇宙人っ、今行くよっ」  人ごみを掻き分け、走る少年。  そして――。 『加速装置ヲ、起動シマス』
24hポイント 0pt
小説 19,048 位 / 19,048件 ライト文芸 246 位 / 246件
3