1
閉鎖的な女の園、ウォルポール女学校の生徒であるセアラは窮屈な思いをこらえて日々を過ごしていた。その性格からセアラは、同じ女学校の一員となった自国の王女、ミリアムに気に入られる。 そして、ミリアムの口添えから王太子妃に選ばれる。 しかし、セアラが望んでいることは王太子妃になることではなかった
24hポイント 0pt
小説 100,041 位 / 100,041件 ファンタジー 26,902 位 / 26,902件
文字数 5,457 最終更新日 2020.05.30 登録日 2020.05.27
1