新

初めまして。拙い文章力の素人ですが、どうぞよろしくお願いします。
3
深い深い森の奥。他の種族も滅多に訪れない秘境。その森にひっそりと隠れ棲むとある種族。世間では妖精と呼ばれ、その存在はもはや伝説になりかけ、廃れていく途中にあった。そんな妖精族の母木であるスヒャーリから、一匹の妖精が産み落とされた。「……ここはどこ?」 その妖精、名はセイツ。日本にいた頃の名は真野 翔。……後に人の世にて、その名が轟くことになるだろう、妖精の少年だ。 気まぐれに更新予定です。 感想待ってます。
24hポイント 0pt
小説 60,352 位 / 60,352件 ファンタジー 19,356 位 / 19,356件
文字数 16,917 最終更新日 2019.10.11 登録日 2019.10.01
高校一年生になったばかりの倉野悠斗(くらのはると)は通学中に塀にある穴と紋章を見つける。 その穴から『手』のようなものが飛び出し、抵抗空しく悠斗は穴の中へ放り込まれる。 穴の中へ落ちた悠斗は気を失い、気づくとどこかの小屋の中にいた。 小屋の外を探索しようとすると未知の生物に出会ったり、聞いたことも見たこともないような街へ辿り着く。その街の門番と会話をしていくうちに気づく。ここは『異世界』であると……。 悠斗は右手の甲に刻まれた紋章を駆使してこの世界を生き抜いていく。いつしか、【紋章の勇者】と呼ばれる日がくると知らずに……。
24hポイント 0pt
小説 19,525 位 / 19,525件 ファンタジー 7,580 位 / 7,580件
登録日 2016.09.29
※現在、一話から加筆&修正や改行をして話の改善を行っております。よければ読んでもらえると幸いです! (現在20話+幕間まで改稿中) 主人公・風祭 仁は高校の休日に母親の連れ添いで銀行について行ったが、そこで銀行強盗に遭遇してしてしまう。泣き叫ぶ少女の危険をきっかけに強盗を次々と撃退していくが、油断した仁はあっけなく撃ち殺されてしまった。 ーー 気づくと仁は暗闇の中で意識を取り戻した。 だが、混乱する仁の目の前に光玉が現れ、導かれるままついていくと、唐突に落ちる感覚を感じたのも一瞬、気づけばどこかに閉じ込められていた。 しかしそれも束の間。なんとか仁は自分が閉じ込められていた場所から脱出するが、目の前に広がっていたのは見知らぬ部屋だった。 最初の脅威を排除したその時、彼は自分が『普通』ではないことに気づく。 こちらは小説家になろうに投稿させている作品です。 ※不定期更新になるかもしれません。ほとんど一人称で書いてあります。よろしければどうぞ。 徐々にキーワードは増えていくと思います。
24hポイント 1pt
小説 4,064 位 / 19,525件 ファンタジー 1,438 位 / 7,580件
登録日 2019.10.01
3