雑木林

雑木林

感想をいただけると喜ぶ生物です。
3
ファンタジー 連載中 長編 R15
 現代日本で草臥れたサラリーマンをやっていた俺は、過労死した後に何の脈絡もなく異世界転生を果たした。  第二の人生で新たに得た俺の身分は、とある王国の第三王子だ。  この世界では神様が人々に天職を授けると言われており、俺の父親である国王は【軍神】で、長男の第一王子が【剣聖】、それから次男の第二王子が【賢者】という天職を授かっている。  そんなエリートな王族の末席に加わった俺は、当然のように周囲から期待されていたが……しかし、俺が授かった天職は、なんと【牧場主】だった。  畜産業は人類の食文化を支える素晴らしいものだが、王族が従事する仕事としては相応しくない。  斯くして、父親に失望された俺は王城から追放され、辺境の片隅でひっそりとスローライフを始めることになる。
24hポイント 9,621pt
小説 232 位 / 148,194件 ファンタジー 59 位 / 35,310件
文字数 116,551 最終更新日 2022.08.07 登録日 2022.06.19
 現代ダンジョン黎明期──。  高校受験が終わって束の間の平穏を手に入れた少年、成海晴臣はある日、自宅で「ダンジョン」としか形容出来ない不思議な構造体の入り口を発見してしまう。惰性で続く日常に退屈していた晴臣は、目の前に現れたダンジョンという名の非日常へと、後先も考えずに足を踏み入れた。  しかし、割と早い段階で、自分一人ではダンジョンを攻略出来ないと悟り、年頃の青少年らしくハーレムパーティーを作ろうと決意する。  ──これは、現代ダンジョンでハーレムパーティーを作りたい身の程知らずな少年の物語。  カクヨムにも投稿しています。
24hポイント 63pt
小説 13,930 位 / 148,194件 ファンタジー 2,472 位 / 35,310件
文字数 143,935 最終更新日 2022.05.29 登録日 2022.05.27
 一人の青年が自らの命を犠牲にして、見ず知らずの誰かを救った。  しかし、今際の際で青年が耳にしたのは、感謝ではなく罵倒の言葉──。  そんな理不尽な記憶を持ったまま、青年は異世界に転生して幼児となり、サンク・ベリーと名付けられる。  もう二度と人助けなんてするものかと、生まれて早々に性格が捻じ曲がってしまったサンクだが……今世の彼は生まれながらに、摩訶不思議な手帳を有していた。  その手帳の名は、感謝ポイント帳。それは他者から感謝されることでポイントが貯まり、そのポイントを使って様々な恩恵が得られるという、紛うことなきチートアイテムだった。  人助けをしなければ活用出来ないチートアイテム……。そんな代物を手にしたサンクの物語が、異世界の片隅で静かに幕を開ける。  カクヨムにも投稿しています。
24hポイント 28pt
小説 21,621 位 / 148,194件 ファンタジー 3,614 位 / 35,310件
文字数 47,878 最終更新日 2022.05.29 登録日 2022.05.26
3