2
 主人公の公一が引っ越先の押入れの襖を開けると、そこには少女が居た。  前の住人の特別な趣味の人形ではなく生きている本物の少女だった。  少女は驚く公一を尻目に押入れの中にあるぽっかりと空いた穴の中に引きずり込む。  そして着いた先は薄暗い大ホール。そこには金銀の財宝が山と積まれている薄暗い大広間だった。  渋々ダンジョンの攻略依頼を受け行動に移す公一だったが、そこはダンジョン最深部。  ボスキャラクラスのモンスターが闊歩する世界だった。転移時に付与されたチートスキルと宝物を使いダンジョン世界の完全攻略を目指す。
24hポイント 0pt
小説 80,070 位 / 80,070件 ファンタジー 23,054 位 / 23,054件
文字数 128,336 最終更新日 2019.10.13 登録日 2018.08.11
SF 完結 短編
「諸君、これが最後の作戦指令だ。難しい事は言わん。奴の思考と推論する能力を停止しろ」  戦闘集団の指令は集まった将校たちを見回した。  指揮所に集まった面々は、かっては怖い物知らずの面構えを備えていた。しかし今ではで疲労目は落ち窪 み無精髭に覆われた顔は精気も失っていた。  兵士達の限界の中で人類の未来を決める作戦は開始された。    虚構少女シナリオコンテスト参加中。よろしければ、お気に入りの登録お願いします。
24hポイント 0pt
小説 80,070 位 / 80,070件 SF 2,552 位 / 2,552件
文字数 8,957 最終更新日 2018.09.08 登録日 2018.09.08
2