赤だしお味噌

赤だしお味噌

3
猫だ猫だと言われ続けてブチ切れた黒猫は里を捨て、美人妹助手と共に大都市で探偵業を営んでいた。 黒猫は宝石を探している。 理想の体を手に入れるための、伝説の宝石だ。 世の秘密を暴く探偵とは、所在不明の宝石を追う彼にとって理想的な職業だった。 猫の耳、猫の鼻、夜の翼、不思議パワーを駆使すれば、人の秘密を暴くのはお茶の子さいさい。 戦闘センス抜群の妹と力を合わせれば異形の存在を相手取っても怖いものなし。 しかしそんな彼の元に持ち込まれる依頼は、ひと癖もふた癖もあるヘンテコな依頼ばかり。 戦闘狂娘の素行調査。 寝取られそうな男の浮気調査。 下着ドロの追跡。 極道動物組織の取りまとめ。 サイコ少女の罠。 悪徳女警官のヘルプ要請。 ゴリラとの再会。 街の闇に紛れる強盗団。 謎のいけ好かない白鳥怪盗との出会い。 まさかの巨大昆虫との友情。 性欲お化け騎士団の魔の手。 そして、異形の存在を暗躍させる教授との対決。 そんな忙しくも楽しげな日々を送る黒猫と妹助手は、やがて都市の存続をかけた大きな戦いに巻き込まれていくことになる。 妹に溺愛される礼服猫よ翔(かけ)ろ! 宝石を手に入れる、その日を夢見て! ◇◆◇ 不定期ですが、区切りでまとめてアップします。 短編連作形式です。1エピソード1万字前後でサクサク。お気軽にどうぞよろしくお願いします。 外部サイトでも掲載しています。
24hポイント 1pt
小説 3,262 位 / 19,195件 ファンタジー 1,177 位 / 7,677件
登録日 2020.03.01
東へ――。 世界の片隅で花めく娘と約束を交わした鬼が独り、暴力吹き荒れる地獄をさまよう。 そこは陽の光が当たらない枯れ果てた異形ひしめく森。 進む先は、地獄の獄卒たる鬼をして理不尽と言わしめる修羅の道だった。 そして長い争闘の果てに、鬼は存在し得ない古都で一人の子供と運命的出会いを果たす。 やがて二人は陽(ひなた)に向けて連れ立ち、長い旅に出る。 鬼が死ねば、子供も死ぬ。 子供が死ねば、鬼もまた道を見失って死ぬ。 それは魂に焼き付いた約束を果たす闇路。 小さなコンパスだけが、色めき輝く世界に道を示してくれるだろう。
24hポイント 4pt
小説 1,953 位 / 19,195件 ファンタジー 741 位 / 7,677件
登録日 2020.03.02
「カオル、ガウスライフルは君が怪我をしなければロックが外れない仕組みだ。かすらせる感じで攻撃を受けろ。チッと音を鳴らす感じだ」 人工知能ロンロンの無慈悲な通告に、主人公は顔を引きつらせた。 「いや、あれは……かすっただけで死ぬぞ」 二階堂薫(にかいどうかおる)、38歳。 彼は脂の乗った銀河証券マンだったが、取引にコケて惑星一個分の損失を出し、宇宙船で空の彼方に失踪した。 自分の最期はコールドスリープで安楽死か、あるいは恒星突入で派手に散るか。 そんな逃避行の果てに、二階堂は宇宙船ごとワームホールに飲み込まれる。 気が付くと二階堂は見知らぬ土地にいた。 宇宙船も服もそのまま。しかし外は意味不明な場所にさま変わり。 ゲーム好きな人工知能ロンロン曰く、ここはまるで死にゲーのような危険度だという。 見るからにヤバい怪物が跋扈する中、水も食料も近くにはない。 二階堂はもう死にたかったが、ロンロンの「囚われの姫を助けに行け」などという王道ゲームさながらの激励で言葉巧みに誘導され、彼は唯一の武器である狩猟用ライフルを持って外に出た。 しかしそれは撃たれるまで撃てないという、専守防衛という名の日本の崇高なサムライ精神が詰まった、文字通り無用の長物だった。 ライフルのロックを外すには、相手の攻撃を受けなければならない。 しかし相手は触っただけで死に至りそうな禍々しい怪物ども。 前門の具体的な死。後門のゲーム脳AI。 こうして進退きわまった二階堂の、お姫様を救い出すオワタ式弾幕無理ゲーが始まった。
24hポイント 7pt
小説 1,436 位 / 19,195件 ファンタジー 596 位 / 7,677件
登録日 2020.05.18
3