梅星さん太郎

梅星さん太郎

気がついたら社畜となっていた、おっさん
1
 とあるタクヤ・シムラという青年は冒険者を生業としている。冒険者はいわば体を張る底辺職で、魔物討伐、治安維持、アイテム回収などクエストは様々である。魔法学校を卒業している者は通常、高級魔道官や宮廷魔道士、ハイクラスのギルドのメンバーなどに就職する。冒険者である者でも、比較的危険の少ない後方支援職のはずだが魔法力が足りない彼は極めて危険なタンク職というブラック労働者なのだ! そんなタクヤは第2新卒の転職活動中に謎のダークエルフの幼女ルゥルゥと出会い、運命の歯車が動き出すっ!?  「転移魔法を実際使っている人を見たの初めてだわ~。あっ! そんなことより、ルゥルゥ! さっきおまわりさんに君の保護者になってくれる人探してくれるって事になっていたよね? こんな汚い家にいても何もいいことないんだよ――――って、あれぇ――――!?」 「おかたづけしましたのですぅ!」  クズと良い子の奇妙な共同生活が幕を開けるっ!
24hポイント 0pt
小説 87,298 位 / 87,298件 ファンタジー 24,926 位 / 24,926件
文字数 32,100 最終更新日 2019.08.17 登録日 2019.08.13
1