4
 西暦212年  魏続は生まれ故郷の并州で牧羊を生業としている。魏続の次男は羊との生活を楽しんでいたが、長男は武の道を選び、仲間らと自警団を組織して、異民族の襲来に備えていた。そうした働きが太守の耳に入り、長男の自警団は郡所属の正規の隊として召し抱えられることとなった。  出仕の前日、魏続は長男に「決して大人にはなるな」と諭した。しかし、魏続にも「大人」がなんであるのかはわかっていなかった。結果的に呂布を裏切ることになったあの日、僚将の宋憲は魏続に「呂布殿は大人になれなかったのさ」と言った。  大人という言葉は、魏続にとって、どこか後悔に似た苦さが混じっている。  ――様々な人物の視点から呂布の半生を描く ※表紙画像は、清朝期に刷られた呂布の版画です。著作権等はすでに消失しています。
24hポイント 0pt
小説 80,637 位 / 80,637件 歴史・時代 1,093 位 / 1,093件
文字数 52,789 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.05.31
恋愛 連載中 長編
 停滞感を振り払いたくて、蓉子は沖縄旅行を決めた。沖縄の日差しと陽気が、靄のようにかかる停滞感を吹き飛ばしてくれると信じたのだ。しかし天候には恵まれなかった。蓉子が沖縄にいる間、空が晴れることはなかった。  残念に思いながらも帰宅することにしたが、蓉子は帰途、不意に妙な胸騒ぎを覚えた。嫌な予感の正体を探りながら、家へと車を走らせると、家の前には数台の警察車両が停まっていた。聞けば、ある事件の犯人が蓉子の旅行中、庭に忍び込み、遺体を埋めたのだという。  蓉子の家の庭には、それとは別にもう一体死体が埋まっている。  愛する人を、蓉子はかつて埋めたのだ。
24hポイント 7pt
小説 20,445 位 / 80,637件 恋愛 8,299 位 / 21,501件
文字数 28,385 最終更新日 2020.02.29 登録日 2020.01.31
 始皇帝が没した。  宦官趙高は、始皇帝の寵愛を受けていたにも関わらず、時期到来とばかりに謀を巡らせる。  秦帝国滅亡の原因ともなった趙高の側面や内心を、丞相李斯、二世皇帝胡亥、趙高の弟趙成、趙高の娘婿閻楽、そして趙高自身の視点から描く。
24hポイント 0pt
小説 80,637 位 / 80,637件 歴史・時代 1,093 位 / 1,093件
文字数 46,059 最終更新日 2019.06.30 登録日 2019.04.02
ホラー 完結 ショートショート
 脱サラして農業をはじめたばかりの頃、ベテラン農家にトマトづくりのコツを聞きに行った。この人の作るトマトは、色鮮やかで実が詰まっている。味も極上だ。自分もそんなトマトが作れたらと思った。しかし、ベテラン農家はコツを教えてはくれなかった。 「お前にゃ無理だ。人生を賭ける覚悟がなかろう?」  そうあしらわれたが、三年の間、必死で農業に取り組んだ。それでベテラン農家も一目置いてくれたらしい。かつて覚悟がないと言ったことを詫びてくれた。  ようやくトマトづくりのコツを教えてくれるらしい。
24hポイント 0pt
小説 80,637 位 / 80,637件 ホラー 2,895 位 / 2,895件
文字数 2,186 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.05.31
4