呂布奉先という男

 西暦212年
 魏続は生まれ故郷の并州で牧羊を生業としている。魏続の次男は羊との生活を楽しんでいたが、長男は武の道を選び、仲間らと自警団を組織して、異民族の襲来に備えていた。そうした働きが太守の耳に入り、長男の自警団は郡所属の正規の隊として召し抱えられることとなった。
 出仕の前日、魏続は長男に「決して大人にはなるな」と諭した。しかし、魏続にも「大人」がなんであるのかはわかっていなかった。結果的に呂布を裏切ることになったあの日、僚将の宋憲は魏続に「呂布殿は大人になれなかったのさ」と言った。
 大人という言葉は、魏続にとって、どこか後悔に似た苦さが混じっている。

 ――様々な人物の視点から呂布の半生を描く

※表紙画像は、清朝期に刷られた呂布の版画です。著作権等はすでに消失しています。
24hポイント 0pt
小説 119,783 位 / 119,783件 歴史・時代 1,396 位 / 1,396件