闇夜の現し人(ヤミヨノウツシビト)

闇夜の現し人(ヤミヨノウツシビト)

不定期更新です。 私の小説は全て見切り発車であり行き当たりばったりです。 書きたいものから書きます。 タブレット投稿 ヤミーって呼んでください
3
あの日、いきたくもないライブに行ったのが始まりだった。 姉に無理矢理行かされたアイドルのライブ。 姉いわく、どうしても外せない用事ができてしまったが推しのライブに空席とかありえない!だから、あんたが行ってこいってことらしい。 何度も断ったが断りきれなかった。そもそも、シスコンである俺が断ることなんか不可能だ。 しかし、あれだけは断るべきだった。あんなことになるだなんて……。 【不定期更新】見切り発車
24hポイント 0pt
小説 144,010 位 / 144,010件 ファンタジー 34,649 位 / 34,649件
文字数 1,004 最終更新日 2021.04.01 登録日 2021.04.01
ー 母さんは、「絶世の美女」と呼ばれるほど美しく、国の中で最も権力の強い貴族と呼ばれる公爵様の寵姫だった。 しかし、それをよく思わない正妻やその親戚たちに毒を盛られてしまった。 幸い発熱だけですんだがお腹に子が出来てしまった以上ここにいては危険だと判断し、仲の良かった侍女数名に「ここを離れる」と言い残し公爵家を後にした。 お母さん大好きっ子な主人公は、毒を盛られるという失態をおかした父親や毒を盛った親戚たちを嫌悪するがお母さんが日々、「家族で暮らしたい」と話していたため、ある出来事をきっかけに一緒に暮らし始めた。 しかし、自分が家族だと認めた者がいれば初めて見た者は跪くと言われる程の華の顔(カンバセ)を綻ばせ笑うが、家族がいなければ心底どうでもいいというような表情をしていて、人形の方がまだ表情があると言われていた。 『無能で無価値の稚拙な愚父共が僕の家族を名乗る資格なんて無いんだよ?』 さぁ、ここに超絶チートを持つ自分が認めた家族以外の生き物全てを嫌う主人公の物語が始まる。 〈念の為〉 稚拙→ちせつ 愚父→ぐふ ⚠︎注意⚠︎ 不定期更新です。作者の妄想をつぎ込んだ作品です。
24hポイント 7pt
小説 32,180 位 / 144,010件 ファンタジー 5,584 位 / 34,649件
文字数 6,258 最終更新日 2021.01.19 登録日 2020.03.07
前世で難病指定をされる心臓病、骨や筋肉に関する病気など複数患ってしまった。しかも、延命作用のある薬はアレルギーで服用できなかったため病室から1歩も出ることが出来なかった。 そして、家族に見守られながら、『もし来世があるのなら、今度は外に出てみたい』と願い、笑顔で僕の16年という短い人生の幕を閉じた。 しかし、異世界の大国の末の皇子に転生してしまった! 心臓は弱く寿命もあったが前世とは違い外に出ることの出来る身体だった! 今世の父様や兄様達は仲が悪い様なので残りの人生、家族仲の修復に使いたいと思います! でも、今世は長生きしたいので、魔法を使って何とかしたいと思います! ⚠︎注意⚠︎ 不定期更新
24hポイント 14pt
小説 26,948 位 / 144,010件 ファンタジー 4,446 位 / 34,649件
文字数 2,557 最終更新日 2020.08.02 登録日 2020.05.04
3