相沢 竜一

相沢 竜一

ゲーム好きなミリオタ。 軍事関連で得意な時代、分野は特にない。 紀元前から現代まで、広いが浅い知識をもとに、様々な世界、時代の軍人、傭兵、戦士たちの生き様を書いていきたい。
3
ブラーバ河に架けられた三本の橋のうち、中流域にある”栄光の十一月七日橋”は、労農党の結党記念日を冠していることもあり、絶対に損傷してはならない橋とされていた。 敵の爆撃によって橋が破損したり、崩落したりすることを恐れた労農党の指導部は、防空軍や陸軍の防空部隊を動員するよりも先に、労農党員の志願者によって編成された義勇部隊で防空部隊を組織し、橋の防備を固めることにした。 そんな大役を担う部隊である第四三七独立防空中隊は、隊員のすべてが女性によって編成されていた。 男性と同等か、それ以上に戦う女性たちと、その指揮官として放り込まれたある男性士官の戦いを描いた、転生も魔法もチートもない、泥臭い架空戦記です。
24hポイント 0pt
小説 85,036 位 / 85,036件 ファンタジー 24,604 位 / 24,604件
文字数 62,649 最終更新日 2017.07.02 登録日 2017.02.12
偵察機の操縦士であるジャンは、後席に座る偵察士官のアンナに不満を抱きつつも、大好きな空での任務に精励していた。 ある日の偵察飛行において、アンナがとった行動により、ジャンたちが乗る偵察機は、敵からの激しい対空砲火を浴びることになったが……。 ミリタリーに、ほんのちょっぴり萌えまたは恋愛のようなものを追加した、ふんわりとした架空戦記です。 ■登場人物 ・ジャン・タリアン 帝国陸軍二等航空兵軍曹  第七四三飛行隊に所属する小型偵察機の操縦士。  身長が平均よりもかなり低く、憧れだった空軍の操縦士にはなれなかったが、操縦席が極端に狭い四一式観測偵察機のおかげで、念願の操縦士になることができた。 ・アンナ・ル・ブラン 帝国陸軍航空兵中尉  同飛行隊に所属する小型偵察機の偵察士官。  完璧主義者で部下や同僚にも高い目標を要求し、満たせぬ場合は容赦ない罵声と暴力を浴びせるため、「見た目はいいのに性格は残念」という評価をいただいてしまっている。
24hポイント 0pt
小説 85,036 位 / 85,036件 ファンタジー 24,604 位 / 24,604件
文字数 84,008 最終更新日 2016.05.01 登録日 2016.04.18
SF 完結 短編
「豊かな実績、確かな信頼」を売りにする零細企業、株式会社メテオンは、顧客の求める場所と時間に、指定した個数の流れ星を降らせるサービスを売りにしていた。 ある日、そんなメテオンの事務所に、一本の電話がかかってきて。 お暇なときにさっくり読める、ふんわりした雰囲気の、少し不思議な物語です。 ■登場人物 ボス  株式会社メテオンの代表取締役社長。最近、腹回りが気になる。 マリア  メテオンの電話受付嬢。若干、化粧が濃い。 ジョアン  メテオンのシステムエンジニア。大のゲーム好き。 フェデロ  メテオンの船外作業員。大学の衛星工学科を中退している。 艇長  メテオンが所有するスペースデブリ回収船の船長。元軍人。 役人  連邦宇宙局航路安全部宇宙塵対策課課長。ボスと違って身体が細い。 小さいマリア  メテオンに流れ星をお願いした顧客。ママとパパが大好き。
24hポイント 0pt
小説 85,036 位 / 85,036件 SF 2,715 位 / 2,715件
文字数 19,658 最終更新日 2016.04.10 登録日 2016.04.04
3