2
年老いた西口さんは、かつては家族が賑やかに暮していた家に、今では老犬のタロと共に静かに過ごしていた。関わりのある人間も少ないが、そういった暮らしを受け入れて疑うことはなかった。そんなある日、家に空き巣に入られた事がきっかけで…… ストーリーは2元的に進みます。
24hポイント 0pt
小説 66,008 位 / 66,008件 ミステリー 1,634 位 / 1,634件
文字数 24,444 最終更新日 2015.07.15 登録日 2015.06.29
 自らの足を勃起させることによって、江戸の市中を縦横無尽に奔走することができた久衛門の逸話『飛脚の涙』を、大学卒業以来久しぶりに再会した先輩に話して聞かせるぼく。唐突に語られるそれら奇妙なエピソードの数々は、どこに意図があるかわからないまま、聞き手である「先輩」は久衛門の内心に近付いていきます。最後には狐につままれたような感覚を味わうことでしょう。 全文口語体で書かれた江戸奇譚物です。
24hポイント 0pt
小説 66,008 位 / 66,008件 歴史・時代 760 位 / 760件
文字数 23,121 最終更新日 2015.06.01 登録日 2015.05.30
2