1
SF 連載中 長編
『鬼』それはいつの世でも、恐れられていた架空の存在であった。   だが、それは過去の話である。この世界に謎の怪物、『骨人』が現れたのと同時期に、鬼は突如として姿を現した。   この世界とは違う時空にいた鬼は、経済破綻を起こし、人間に助けを乞うたのだ。   人々はこれをチャンスと捉えた。そして人々は、鬼を助ける代償として、骨人を駆逐する役目を押し付けた。 これはそんな世界に生きる、紅色の鬼についての物語である。  
24hポイント 0pt
小説 77,330 位 / 77,330件 SF 2,495 位 / 2,495件
文字数 2,923 最終更新日 2018.06.11 登録日 2018.06.10
1