夜空 筒

夜空 筒

よそら つつ と読みます。妄想しかしてないので、ご都合な小説を書いています。
3
恋愛 連載中 長編
ソシャゲや乙ゲーを好んでやり込むヲタクとして活動してきた。 21歳の誕生日には、推しを並べてケーキを食べる予定だ。 最近ハマって抜け出せないスマホゲーム『鼓動と拍動』というネーミングセンス皆無な女性向けゲーム。中でも最推しなのは、18歳でありながら現役の魔法士として王宮勤めをしているロンくん。そんな彼とその仲間を並べて、ニヤニヤしながらケーキを食べた。 _____瞬きの間に私の手にはクリームの付いたフォークではなく、赤ワインのソースが付いたフォークとナイフが握られていた。目の前には牛肉と思しきステーキ。 「アリサ殿?気分が優れない様ですが?」 「へ?」 並んだ料理の向かい側。私と対面する位置に座っていたのは、最推しロンくんでした。
24hポイント 7pt
小説 18,899 位 / 77,270件 恋愛 7,517 位 / 20,323件
文字数 19,917 最終更新日 2020.06.07 登録日 2020.05.29
恋愛 連載中 長編
女官になる。 そう聞いていたはずなのに。 あれよあれよという間に、着飾られた私は自国の皇帝の妃の一人になっていた。 しかし、皇帝のお迎えもなく 「忙しいから、もう後宮に入っていいよ」 そんなノリの言葉を彼の側近から賜って後宮入りした私。 秘書省監のならびに本の虫である父を持つ、そんな私も無類の読書好き。 朝議が始まる早朝に、私は父が働く文徳楼に通っている。 そこで好きな著者の本を借りては、殿舎に籠る毎日。 皇帝のお渡りもないし、既に皇后に一番近い妃もいる。 縁付くには程遠い私が、ある日を境に平穏だった日常を壊される羽目になる。 誰とも褥を共にしない皇帝と、女官になるつもりで入ってきた本の虫妃の話。 更新はまばらですが、完結させたいとは思っています。 多分…
24hポイント 979pt
小説 1,201 位 / 77,270件 恋愛 606 位 / 20,323件
文字数 63,295 最終更新日 2020.05.31 登録日 2020.01.19
恋愛 連載中 長編
どこにでもいる普通の大学生。 大学にもだいぶ慣れて、バイトとの掛け持ちも苦にならない程度に生活が充実し始めた矢先のことだった。 スマホ運転の車に撥ねられ命を失ってしまった。 あぁ、ついてない。 だけど再び目を開けたら、小説の中のヒロインに!? 悪役令嬢目線のアナザーストーリーを読んだ私の推しはもちろん彼女。 ヒロインに転生したけれど、王子との恋は望んでません!私が見たいのは!推しが!イケメンと!ラブロマンスしているところ!!を一番近くで見ること!! ヒロインだけど、推しの恋を応援します!!! ※ちょくちょく修正が入るかもしれません。
24hポイント 21pt
小説 13,721 位 / 77,270件 恋愛 5,470 位 / 20,323件
文字数 27,144 最終更新日 2019.06.12 登録日 2019.04.23
3