女官になるはずだった妃

女官になる。
そう聞いていたはずなのに。

あれよあれよという間に、着飾られた私は自国の皇帝の妃の一人になっていた。
しかし、皇帝のお迎えもなく

「忙しいから、もう後宮に入っていいよ」

そんなノリの言葉を彼の側近から賜って後宮入りした私。

秘書省監のならびに本の虫である父を持つ、そんな私も無類の読書好き。
朝議が始まる早朝に、私は父が働く文徳楼に通っている。
そこで好きな著者の本を借りては、殿舎に籠る毎日。

皇帝のお渡りもないし、既に皇后に一番近い妃もいる。


縁付くには程遠い私が、ある日を境に平穏だった日常を壊される羽目になる。


誰とも褥を共にしない皇帝と、女官になるつもりで入ってきた本の虫妃の話。




更新はまばらですが、完結させたいとは思っています。
多分…
24hポイント 11,296pt
小説 153 位 / 65,811件 恋愛 98 位 / 16,919件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

フラグを折ったら溺愛されました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:11807pt お気に入り:9947

財閥の犬と遊びましょう

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:2180pt お気に入り:122

婚約破棄をされたら、お兄様に溺愛されていたと気付きました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:30888pt お気に入り:2923

貧乏領主の娘は王都でみんなを幸せにします

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:40945pt お気に入り:4796

悪役令嬢はヒロインと王子の裏をかき、婚約破棄を言い渡す。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:901pt お気に入り:4476

前世は剣帝。今生クズ王子

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:58461pt お気に入り:12733

試食販売のアルバイトをしていたら溺愛されました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:36118pt お気に入り:822