胡花宝 愛芽

胡花宝 愛芽

ユーザ名「胡花宝 愛芽(ごかほう あいめ)」と申します。 少しずつですが、書き続けていこうと思っています。 色々葛藤しながら書いてるので遅筆ですが、宜しくお願い致します。
2
森の中で発見された赤ん坊。 かろうじて命を救われた赤ん坊は少女へと成長するが、まるで感情が無い人形のようだった。 ●三十二話の中で、ヒロシが琉詩を担ぐのを「右肩」→「左肩」に変更しました。 ●三十三話を更新しました。  第2章の題を「籠の中の子供達・壱」に変更しました。三十三話で第二章は終わりです。ここまで読んで頂いた方、ありがとうございます。  暫く、お休みします。     ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称とは全て架空であり、実在のものとは一切関係ありません。  ストーリー上、暴力行為・反社会的行為等が登場しますが、作者はこれを認めるものではありません。
24hポイント 0pt
小説 91,072 位 / 91,072件 ファンタジー 25,530 位 / 25,530件
文字数 167,514 最終更新日 2020.01.24 登録日 2016.03.12
 裕福な滉月家に産まれ、両親の愛情を一身に受けて、何不自由なく天真爛漫に育った美少女、「櫻子」。  櫻子が十二歳になった頃、クリスマス・イヴに父親「数仁」から一体の、お手伝い用からくり人形がプレゼントされる。  「アヤメ」と名付けて、まるで妹のように可愛がり、優しく接する櫻子。  アヤメも滉月家の役に立てるよう、失敗しながらも日々、奮闘する毎日。  櫻子の母親「濱子」は病気がちで寝込んでしまう日もあるが、櫻子と過ごす日々を大切にしている。  そんな母を気遣いながらも明るく生活してきた櫻子も、アヤメが居ることで毎日がより楽しくなり、アヤメは次第に滉月家にとって無くてはならない存在になってゆく。    しかし数年経った頃、櫻子に数々の試練が待ち受けるーーー。  これは、人間である「櫻子」と、からくり人形である「アヤメ」の愛と涙の物語。 ※この物語は、フィクションです。実在する個人・団体・企業等の名称とは一切、関係ありません。 ※物語の都合上、その辺りの時代には存在しなかったであろう物、及び現代であっても実際は存在して無い物も多々、登場しています。 ☆第二章十話で、小梧郎の「爺や。僕…、もう十歳だよ?」部分の言葉を少し変更しました。 ●次の話が書ききれず、ストックも無いので、暫くお休みさせて頂きます。遅筆ですみません。年内の更新は難しいかもです。  
24hポイント 0pt
小説 91,072 位 / 91,072件 ライト文芸 3,789 位 / 3,789件
文字数 165,246 最終更新日 2018.11.17 登録日 2018.03.29
2