そろそろ『わたし』でいきていく

仕事、お金、恋愛――目標を実現できない人がはまりがちな落とし穴

Getty Images

本当に叶えたい願望を実現するための最短コース

では、そんな自分を変えるにはどうしたらいいでしょうか。

先ほど書き出した願望リストを見てください。その中にある、いまの自分でもすぐに手をつけられそうなもの。
これをひとつ実現するのが、夢を叶える最短コースです。

でもひとつ注意点があります。

たとえばなるべく早々に子どもを産みたいなら、何キロも痩せてキレイになるとか、仕事に関するタフな目標は後回しでもいいはずです。

家を建てる願いを叶えるにも、希望条件と現実的な予算にどこかで折り合いをつけなければ、計画は遅々として進まないでしょう。

願いをひとつ実現するには、現実と折り合いをつけ、取捨選択する覚悟がまず必要です。

これを実現する代わりに、いまはこれを捨てる。
そういった取捨選択は意識的にやらないと、中途半端なものばかり手に入れて「まだ足りない、満たされない」と探し続ける人生になりがちです。

いますぐに成功しなくても、大丈夫

すべてを短期間で手にしたように見える成功者だって、大半はひとつずつ目標をクリアしています。私たちは彼らが咲かせた「花」の時期をたまたま見ているにすぎません。

願望を実現するために必要な要素は次の3つです。

1 全部を一気に叶えるのではなく、ひとつひとつ実現していくこと
2 やると決めたらそれを選択し、それ以外の何かをいまは捨てる覚悟を持つこと
3 「短期間で」「いますぐに」といった幻想に惑わされないこと

ココ・シャネルは「20歳の顔は自然から授かったもの。30歳の顔は自分の生き様。だけど50歳の顔にはあなたの価値がにじみ出る」といっています。
アメリカのエイブラハム・リンカーン大統領は「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持ちなさい」といいました。

私は自分の生き方に迷っていた20歳のころ、こういった言葉に救われました。

40歳になるまで20年、60歳になるまで40年もある。
いますぐに成功するのは無理でも、20年、40年もあればどうにかできるのではないかと思ったからです。

自分はいま、何年後に、どんな花を咲かせるための行動をしているのか。自分を振り返る時間を少し取って、それからギアを入れ直してもまだ遅くはないはずです。

城ノ石ゆかり「そろそろ『わたし』でいきていく~今日から自分を好きになるために~」書籍の詳細はこちら

 

ご感想はこちら

プロフィール

城ノ石ゆかり
城ノ石ゆかり

1968年熊本生まれ。
株式会社ngoro-ngoro代表取締役社長。
日本心理学会 認定心理士。「4ness コーピング」主宰。
20歳の時に大学を中退して世界中を放浪。帰国後は心理学を学びながら、エステティックサロンの世界へ。98年に株式会社ngoro-ngoroを創業、設立。2万人を超える女性のサポートの経験から、認知行動療法をベースとした「4nessコーピング」を開発した。
「4nessコーピング」講座は「号泣するセミナー」として話題を呼び、受講生には有名企業の社長や起業家らも名を連ねる。個人セッションの予約は現在1年半待ち。
著書に『怒りが消えれば、やせられる コーピング・ダイエット』(きずな出版)、『未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する』(実業之日本社)、『マンガでわかる
仕事もプライベートもうまくいく感情のしくみ』(監修:城ノ石ゆかり、作画:今谷鉄柱/実業之日本社)がある。

[4nessコーピング]
https://4ness.com

[城ノ石ゆかりオフィシャルサイト]
https://jounosekiyukari.com

著書

そろそろ『わたし』でいきていく

そろそろ『わたし』でいきていく

「思い描いていた自分と違う」「自分と他人を比べて苦しくなる」「がんばっても報われない」「すべてリセットして消えたくなる」……そんな息苦しさを感じ...
出版をご希望の方へ