ビジネス書業界の裏話

出版界の再編と作家の未来

2018.03.08 公式 ビジネス書業界の裏話 第50回
Getty Images

出版業界再編における買収と合併

世間では、あまり表立った話題にはなっていないが、出版社の買収、統合が進んでいる。最近、ある出版グループのホールディング・カンパニーが、各社バラバラの場所に点在していた傘下の出版社を同じビルに集めた。私のような外部スタッフとしては、同じビルに付き合いのある会社が3社ほど入っているので、移動の手間が省けて大いに助かっている。ただ、ビルの中のカフェテリアで、ある出版社と打合せをしている時に、別の会社の編集者と遭遇して少し気まずい思いをすることもある。いまは同じグループであっても、彼らはそれぞれかつてライバル出版社の編集者だったからだ。

何年か前には、KADOKAWAグループが傘下の、ほぼすべての出版社を富士見町のビルに移動させるとともに、各社をKADOKAWAブランドに統一する方向に動きはじめた。出版社の統合に限らず、企業合併では、企業は統合できても融合は難しい。味の素グループのように各社のブランドを残している統合戦略もあれば、みずほ銀行のように新しい社名へ改め、組織の融合を目指すケースもある。

今後、出版界の再編が進む中で、各社のブランドを残したまま統合をするか、徹底した融合を試みるか、この点については後程また述べることにするとして、この先、ますます出版界の再編が進むことは間違いないはずだ。前回にも述べたとおり、平成という時代は出版市場がピークアウトした時代である。ビジネス書の推移も、出版市場の動きと概ね軌を一にしている。平成から新しい元号に変わっても、この流れに変化はないと見ている。したがって、新元号の下でさしあたり起こることは、出版界が5つか6つのグループに統合されていくことだろう。

規模は段違いだが、銀行が3つのメガバンクに統合されていった過程と似たものになるのではないか。ただ、出版界は銀行ほど市場規模がなく、社会的な影響も小さいので、大きな話題とならないまま、業界の再編が静かに進むと思われる。

再編の行方と出版社ブランド

再編の核となるのは、講談社、光文社を中心とする音羽グループ、小学館、集英社を中心とする一ツ橋グループ、そしてKADOKAWAグループ、徳間書店、主婦の友社など中堅どころの集合体である蔦屋(つたや)グループであろうと想像できる。それに文藝春秋社、新潮社、岩波書店、マガジンハウスなど、老舗版元のどこかが中核となって、グループがあと一つか二つくらいできるのではないか。ビジネス書出版社も、こうした再編の渦に巻き込まれることは避けられないだろう。

ただ、銀行業界でもメガバンクのほかに、地銀、信金などが残ったように、出版界も大手グループのほかに、いわゆる特色ある専門書出版社は残るだろう。小さくてもきらりと光る、特色ある出版社は再編の外で十分やっていけるはずだ。また、独自の流通、商流を持つ出版社も、再編の外で自立してやっていけるだろう。医学系、工学系、経済・法律系、経営学系、その他社会学系、それに哲学系や語学系の専門書、学習参考書などは、市場は小さいが一定の読者と需要のあるジャンルである。

教育系の専門出版社も独立して残るように思うが、学研やベネッセ、公文(くもん)など、このジャンルには上場企業が多いので、そちらに収斂(しゅうれん)していく可能性も高い。絵本や児童書などは、すでに別途再編の渦中にある。

講談社の音羽グループと小学館、集英社の一ツ橋グループは、まだ積極的なグループ拡大路線に走っているわけではない。目立ってグループの強化・拡大に動いたのは、蔦屋グループとKADOKAWAグループだ。蔦屋グループは、現状、傘下の出版社の社名をそのまま維持している。

ただ、一社、社名を改めたのがCCCメディアハウスである。同社は、蔦屋グループに入る前には阪急電鉄の傘下にあった。そのため、旧社名は阪急コミュニケーションズだった。阪急コミュニケーションズという社名に、いかにブランド力があったとしても、さすがに蔦屋グループで阪急とは名乗れない。阪急コミュニケーションズがCCCメディアハウスに改称したのは、蔦屋ブランドに統合というよりも、変えざるを得ないゆえの選択だったと見るべきだろう。

ご感想はこちら

プロフィール

ミスターX
ミスターX

ビジネス雑誌出版社、および大手ビジネス書出版社での編集者を経て、現在はフリーの出版プロデューサー。出版社在職中の25年間で500人以上の新人作家を発掘し、800人を超える企業経営者と人脈をつくった実績を持つ。発掘した新人作家のうち、デビュー作が5万部を超えた著者は30人以上、10万部を超えた著者は10人以上、そのほかにも発掘した多くの著者が、現在でもビジネス書籍の第一線で活躍中である。
ビジネス書出版界の全盛期となった時代から現在に至るまで、長くビジネス書づくりに携わってきた経験から、「ビジネス書とは不変の法則を、その時代時代の衣装でくるんで表現するもの」という鉄則が身に染みている。
出版プロデューサーとして独立後は、ビジネス書以外にもジャンルを広げ文芸書、学習参考書を除く多種多様な分野で書籍の出版を手がけ、新人作家のデビュー作、過去に出版実績のある作家の再デビュー作などをプロデュースしている。
また独立後、数10社の大手・中堅出版社からの仕事の依頼を受ける過程で、各社で微妙に異なる企画オーソライズのプロセスや制作スタイル、営業手法などに触れ、改めて出版界の奥の深さを知る。そして、それとともに作家と出版社の相性を考慮したプロデュースを心がけるようになった経緯も。
出版プロデューサーとしての企画の実現率は3割を超え、重版率に至っては5割をキープしているという、伝説のビジネス書編集者である。

ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載