こんな仕事絶対イヤだ!

お肌が染まれば一人前――浴場ガイド

2018.01.03 公式 こんな仕事絶対イヤだ! 第90回

巷では相も変わらず企業の労働環境に関するニュースが絶えませんが、歴史を紐解いてみれば、ブラックな職業は大昔から存在していました。そこで本連載では、古代・中世ヨーロッパや日本の江戸時代にまで遡り、洋の東西を問わず実在した超ブラックな驚くべき職業の数々を紹介していきます。あなた達は、本当のブラック職業を知らない……

温泉リゾートでずぶ濡れエスコート

イングランド西部のバースという街は、温泉で有名な観光地である。もともと温泉の街として定評のあった同地だが、18世紀末に高級リゾート地としての設備が整ったことで、その人気が不動のものとなった。当時のバースで、最もしんどい仕事をこなしていたのが『浴場ガイド』の人々であった。キャンバス地のユニフォームを着て、お客様を湯の中までご案内するのが主な仕事だ。これを日に12時間ほどこなすわけだが、ぐちょぐちょの服を長時間着続けるのは誰でも不愉快なものである。その上、毎日半日近くも湯の周りにいるわけだから、バース温泉の豊富な鉄分が肌に染み付き、全身がオレンジ色っぽくなってしまった(落ちない)。当時は男性でも白いお肌が良しとされていたから、異性にモテず涙を飲んだ浴場ガイドがいたかも知れぬ。

浴場ガイドの仕事はこれだけではなかった。金持ちがレジャーでやってくる以外に、皮膚病患者が療養のためにやって来るのである。こうしたお客様の入浴をサポートする、いわば医療ヘルパー的役割も課せられた。膿や腫れ物のかすが漂う中を動き回るのは、進んでやりたい仕事とは言い難いだろう。なお、入浴客たちはみな湯巻を纏(まと)ってはいたが、混浴であったから勢いでエロス行為に及ぶけしからん輩を注意する必要もあった。中には「金貨をやるから、あの貴婦人の周りの湯をすくって来てくれ」などと言って浴場ガイドを買収するド変態野郎もいたとか。ほとほと困ったものである。

(illustration:斉藤剛史)


清水謙太郎 「こんな仕事絶対イヤだ!」書籍の詳細はこちら

ご感想はこちら

プロフィール

清水謙太郎
清水謙太郎

1981年3月、東京都生まれ。成蹊大学卒業後にパソコン雑誌の編集を手がける。また、フリーライターとして文房具、自転車などの書籍のライティングや秋葉原のショップ取材等もこなし、多岐に渡る分野でマルチな才能を発揮している。

著書

こんな仕事絶対イヤだ!

こんな仕事絶対イヤだ!

金持ちの道楽として庭で飼われた「隠遁者」、貴族の吐いたゲロを素早く回収する「反吐収集人」、かなり怪しいうんこ療法の伝道師「賢女」――こんな仕事絶...
こんな仕事絶対イヤだ!

こんな仕事絶対イヤだ!

金持ちの道楽として庭で飼われた「隠遁者」、貴族の吐いたゲロを素早く回収する「反吐収集人」、かなり怪しいうんこ療法の伝道師「賢女」――こんな仕事絶...
出版をご希望の方へ