腹黒ピアニストは年上メイドを溺愛する

 須藤景子は新しく雇われた玉造財閥の御曹司、洋平坊ちゃまの専用メイドとなった。我儘ばかり言う坊ちゃまを甘やかす景子に、洋平の欲望はエスカレートする。
24h.ポイント 28pt
4
小説 20,124 位 / 187,405件 恋愛 8,851 位 / 56,750件

あなたにおすすめの小説

【R18】ギャフンと言わせたかっただけなのに!

季邑 えり
恋愛
幼い頃、一緒に育ったフェイが騎士になって戻ってきた。私の後ろをついて歩いていた男の子が、強くなって、カッコよくなって帰ってきたから面白くない。 彼をどうにかしてギャフンと言わせたい。 いろいろ試してみるアホ子のメルティと、それを利用してぱくりと頂いてしまうフェイのお話。

肉食御曹司の独占愛で極甘懐妊しそうです

沖田弥子
恋愛
過去のトラウマから恋愛と結婚を避けて生きている、二十六歳のさやか。そんなある日、飲み会の帰り際、イケメン上司で会社の御曹司でもある久我凌河に二人きりの二次会に誘われる。ホテルの最上階にある豪華なバーで呑むことになったさやか。お酒の勢いもあって、さやかが強く抱いている『とある願望』を彼に話したところ、なんと彼と一夜を過ごすことになり、しかも恋人になってしまった!? 彼は自分を女除けとして使っているだけだ、と考えるさやかだったが、少しずつ彼に恋心を覚えるようになっていき……。肉食でイケメンな彼にとろとろに蕩かされる、極甘濃密ラブ・ロマンス!

私が貴女を見捨てたわけじゃない

須木 水夏
恋愛
 筆頭公爵家の娘として大事にされて育ったティアリーネは、彼らの本当の娘ではない。  少女は、今はもう廃嫡され儚くなった王子が、平民の聖女と浮気して生まれたと噂されている、『聖女の子』であった。  マスティマリエ公爵家へと引き取られる前の記憶は既に失われていると周囲の人々は思っていたが、少女がまだその恐ろしい夢の中に閉じ込められて居ることに気がついていたのは、ただ一人兄のヴァンだけだった。 ※こちらのお話は7/22日に完結いたします。(既に完結まで書き上げ済です) ☆貴族社会ですが、現実のものではありません。 ☆聖女が出てきます。 ☆兄妹の恋愛があります(血の繋がりはなし) ☆子供に対しての残虐な虐待の表現があります。 ☆ハッピーエンドです。

【R18】お飾りの妻だったのに、冷徹な辺境伯のアレをギンギンに勃たせたところ溺愛妻になりました

季邑 えり
恋愛
「勃った……!」幼い頃に呪われ勃起不全だったルドヴィークは、お飾りの妻を娶った初夜に初めて昂りを覚える。だが、隣で眠る彼女には「君を愛することはない」と言い放ったばかりだった。 『魅惑の子爵令嬢』として多くの男性を手玉にとっているとの噂を聞き、彼女であれば勃起不全でも何とかなると思われ結婚を仕組まれた。  淫らな女性であれば、お飾りにして放置すればいいと思っていたのに、まさか本当に勃起するとは思わずルドヴィークは焦りに焦ってしまう。  翌朝、土下座をして発言を撤回し、素直にお願いを口にするけれど……?  冷徹と噂され、女嫌いで有名な辺境伯、ルドヴィーク・バルシュ(29)×魅惑の子爵令嬢(?)のアリーチェ・ベルカ(18)  二人のとんでもない誤解が生みだすハッピ―エンドの強火ラブ・コメディ! *2024年3月4日HOT女性向けランキング1位になりました!ありがとうございます!

たとえクソガキと罵られても

わこ
BL
追われる少年をかくまったのは、目つきの悪い弁護士だった。 口が悪くて態度もデカくて時々バイオレンスな美形弁護士と、全てを失い途方に暮れる薄幸な男子高校生の話。そのうちBLっぽくなります。 ※この話はフィクションです。現実にはあり得ないことが起こったりできない事ができちゃったりしてはいけない事をしちゃったりします。 ※日本の法律や制度を参考にしていますが、まるっと鵜呑みにすると嘘知識が降り積もるのでご注意ください。 ※エブリスタと重複して掲載しています。2015年9月から自サイトに載せていたお話です。

執着心重めのエリート外科医に体を狙われて、身籠り結婚しそうです

沖田弥子
恋愛
派遣先との契約が終わり、この先の働き方について悩む二十九歳の香織。そんな時、電車の中で痴漢に遭った彼女を助けてくれたのは、なんと高校の同級生である慶だった。昔から見た目も頭も良くてモテていた彼は、外科医になり、今は個人クリニックを開業しているという。再会したことを喜びつつも、ハイスペックな彼と自分とは住む世界が違う――そう感じて極力関わらないことを決めたのに、彼は事あるごとに香織の前に現れるようになって……? 表向きは紳士、裏は腹黒策士なエリート外科医からもう逃れられない!

呪われた聖女は犯される

季邑 えり
恋愛
光の聖女、と言われるサリーナの別名は、呪われた聖女。その呪いを受けたサリーナは、男ヘテロに犯される。

【R18】無垢な花嫁は、青焔の騎士に囚われる

おうぎまちこ(あきたこまち)
恋愛
※R18回には※、竜とのR回には☆ ※第72話が紛らわしいサブタイトルですが、最終話は第73話です。 ※アルファポリス様では本編完結の際に完結設定にしますが、後日談連載が控えています。ムーンライト様にて先行投稿してある後日談につきまして、1〜2月中に連載予定です。 (全11話+特別編2話) 【第1部・第1章〜第4章】  政略結婚により、隣国の将軍の花嫁(実際は捕虜)となったフィオーレ・オルビス・クラシオン。  成人したばかりのフィオーレの、名目上の夫となる人物は、エスト・グランテ王国の愚王の弟であり、数多の騎士を率いる将軍デュランダル・エスト・グランテ。  彼は大陸最強と呼ばれる剣の腕前の持ち主で、自分以上に強い男がおらず何に対しても醒めていた。さらに、天上天下唯我独尊とばかりの不遜な態度に、数多くの女性との浮名を流すという問題の人物だった。  神に認められた夫婦になるために、皆の前で交わらなければならないという、最悪な婚礼の儀式から始まった二人だったが、徐々に愛を育んでいく。  これは――政略結婚で得た純真無垢な幼な妻フィオーレに、何事にも本気になれなかったデュランダルが本気の恋に落ちてしまい、二人が相思相愛になるまでの物語。 【第2部・第5章〜第8章】  王太后に言いなりの愚王に対するエスト・グランテ王国国民らの不満は高まり、竜の血を継ぐ「真の王」と「竜の聖女」の再来を求める声が強くなる。  将軍として王国を護りながら、フィオーレと共に幸せな家庭を育むことを望むデュランダルだが、竜の血や周囲がそれを許さない。  滅びに向かう国の中、波乱に巻き込まれる夫婦二人が、運命に抗いながら、互いの心の傷を乗り越えて幸せを掴むまでの物語。  国王である兄ジョワユースと、王位簒奪を狙う親友シュタールの狭間で揺れる将軍デュランダルが、葛藤の末に選んだ道とは――。 ※ムーンライト様に2020年7月~10月に毎日投稿していた完結作になります「無垢な花嫁は、青焔の騎士に囚われる」。 ※対となる話は、「追放されし奴隷の聖女は、王位簒奪者に溺愛される」第8章の流れと対比で読むと、裏話的に面白いです。 ※ひたすら旦那が嫁のことを好きすぎるので、苦手な人はご注意を ※ざまあはちょっと ※章ごと、各前中後編ごとに読んでも、性描写等は楽しめます(衆人環視、公開えっち、人に見られちゃう?、野外、素股、クンニ、フェラ等) ※たまにラブコメディーちっく、後日談はギャグっぽい