ラストソング

やがて、電車はゆっくりと動き出し、ぼくらの別れがやってきた。
「鈴鹿。俺、おまえのこと」荻くんは何か言ったようだったが、それを聞き取るには、ぼくらの距離は離れすぎていた。それに答えるかわりに、ぼくは思いきり手をふった。荻くんも、窓から身を乗り出して、最後まで手をふっていた。
24hポイント 0pt
小説 44,682 位 / 44,682件 児童書・童話 818 位 / 818件